MENU

Windows 11 - USBメモリをフォーマットする方法

Windows 11 で、USBメモリをフォーマットする方法を紹介します。

USBメモリはフォーマットすることで、ファイルやフォルダーをすべて削除することができます。USBメモリを譲渡する場合は今回紹介する方法でフォーマットしましょう。

あるいは、Windows 11 では動作しないファイル形式でUSBメモリがフォーマットされていて、使用できない! そんな場合もフォーマットが必要になります。

USBメモリをフォーマットする方法は?

USBメモリをフォーマットする方法は次の手順です。

  1. パソコンに [USBメモリ] を挿入する


    まずはパソコンにUSBメモリを挿入しましょう。

  2. [エクスプローラー] を起動する

  3. [USBドライブ] を右クリックし、[フォーマット] を選択する

    1. 左メニューの [PC] を選択
    2. [USBドライブ] を右クリックし
    3. [フォーマット] を選択します。
  4. [USBメモリ] をフォーマットする

    1. フォーマットを設定し
      • 容量
      • ファイルシステム
        [NTFS] [FAT32] [exFAT]
        [FAT32] を選択しておけば、OKです。
      • アロケーションユニットサイズ
        データのクラスタサイズです。特に変更する必要はありません。
      • デバイスの既定値を復元する
        設定がよくわからない場合は、ここをクリックしましょう。
      • ボリュームラベル
        USBメモリの名前です。
      • フォーマットオプション
    2. [開始] をクリックしましょう。


    [OK] をクリックし、USBメモリをフォーマットしましょう。


    フォーマットが完了しました。[OK] をクリックします。

  5. [USBメモリ] を確認する


    USBメモリを確認してみましょう。先ほど、入力した [ボリュームラベル] が確認できます。

これで Windows 11 USBメモリをフォーマットする方法の解説は終了です。

使用したUSBメモリは安全に取り外しましょう。詳しくは、Windows 11 USBメモリ・SDカードを安全に取り出す方法をご覧ください。

Windows 11 の人気記事