MENU

Windows11|一時ファイルを削除する方法

Windows11の一時ファイルを削除する方法を紹介します。

一時ファイルは、システムやアプリが一時的に保存するファイルのことです。Windows11の新しいバージョンのファイル、インストールファイル、ログ、エラーレポートなどさまざまな一時ファイルがあります。

Windows11を使用していると、少しずつ一時ファイルが蓄積されていくので、ここではそれらの一時ファイルを削除する方法をみていきます。

一時ファイルは「Windowsの設定」「ストレージセンサー」「ディスククリーンアップ」から削除することができます。ひとつずつみていきます。

Windowsの設定で一時ファイルを削除

それでは実際にWindowsの設定で一時ファイルを削除してみましょう。

①「スタートボタン」を右クリックし
②「設定」をクリックします。

Windowsの設定

Windowsの設定です。
①左メニューの「システム」を選択し
②「記憶域」をクリックします。

記憶域

記憶域です。「一時ファイル」を選択しましょう。

一時ファイルの削除

一時ファイルです。
①削除する一時ファイルを選択し
②「ファイルの削除」をクリックしましょう。

※ 削除できる一時ファイル

  • 配信の最適化ファイル
  • ダウンロード
  • Microsoft Defenderウイルス対策
  • 縮小表示
  • 一時ファイル
  • DirectXシェーダーキャッシュ
  • インターネット一時ファイル
  • など

これで一時ファイルを削除することができます。

ストレージセンサーで一時ファイルを削除

ストレージセンサーを有効にすると一時ファイルを自動で削除することができます。

①「スタートボタン」を右クリックし
②「設定」をクリックします。

Windowsの設定

①左メニューの「システム」を選択し
②「記憶域」をクリックします。

ストレージセンサー

ストレージセンサーが「オン」担っていることを確認し、ストレージセンサーをクリックします。

一時ファイルをクリーンアップ

「一時的なシステムファイルとアプリファイルを自動的に…」にチェックを入れましょう。

これで一時ファイルを削除することができます。

※ ストレージセンサーのその他の設定はこちらも合わせてご覧ください。

ディスククリーンアップで一時ファイルを削除

ディスククリーンアップで一時ファイルを削除する方法をみていきます。

エクスプローラー

エクスプローラーを起動し
①左メニューの「PC」を選択
②「Local Disk」を右クリックし
③「プロパティ」をクリックします。

Local Diskのプロパティ

Local Diskのプロパティです。
「ディスクのクリーンアップ」をクリックします。

ディスククリーンアップ

ディスククリーンアップです。
①削除するファイルを選択し
②「OK」をクリックします。

これで一時ファイルを削除することができます。

Windows 11 関連の記事

その他のWindows 11 関連の記事も合わせてご覧ください。