MENU

Windows 11 - ファイル拡張子を表示/非表示にする方法

Windows 11 のファイル拡張子を表示/非表示にする方法を紹介します。

ファイルの末尾にある「.(ピリオド) + 英数字3〜4文字」は、ファイルの種類や形式を識別するための文字列で「ファイル拡張子」といいます。


ファイル拡張子は、Windows 11 のデフォルトでは非表示になっているので


ここでは、このようにファイル拡張子を表示する方法をみていきます。

※ ちなみに「.xlsx」はエクセルファイルの拡張子、「.txt」はテキストファイルの拡張子になります。

また、ファイルに拡張子を非表示にする方法も合わせてみていきます。

ファイル拡張子を表示/非表示にする方法はいくつかあるので、ひとつずつ解説していきます。

ファイル拡張子を表示/非表示にする方法は?

Windows 11 ファイル拡張子を表示/非表示にする方法は次の手順です。

  1. [エクスプローラー] を起動する


    タスクバーから「エクスプローラー」を起動しましょう。

  2. 上部メニュー [表示] を選択する


    エクスプローラーです。上部メニューの「表示」をクリックします。

  3. [表示] → [ファイル名拡張子] を選択する

    1. [表示]から
    2. [ファイル名拡張子] を選択しましょう。

これでファイル拡張子の表示/非表示が切り替わります。

フォルダーオプションの場合

タスクバーから「エクスプローラー」を起動しましょう。


エクスプローラーの上部メニュー「・・・」を選択し


「オプション」をクリックします。


フォルダーオプションです。
①上部タブメニュー「表示」を選択し
②「登録されている拡張子は表示しない」をクリックします。

  • チェックを入れる → 拡張子の非表示
  • チェックをはずす → 拡張子の表示

③「OK」をクリックします。

これでファイル拡張子の表示/非表示が切り替わります。

レジストリーエディターの場合

レジストリーエディターで、ファイル拡張子を表示/非表示する方法をみていきます。

作業前にレジストリをバックアップしておきましょう!


①スタートメニューのフォームに「regedit」と入力し
②「レジストリーエディター」を起動しましょう。

Windows 11 レジストリエディターを起動する方法


ユーザーアカウント制御です。
「はい」をクリックしましょう。

Windows 11/10 ユーザーアカウント制御を設定する方法


レジストリーエディターです。
①次のパスに移動し

コンピューター\HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\Advanced

②「HideFileExt」をダブルクリックしましょう。


①値のデータを編集し

  • 値のデータ「0」 → 拡張子の表示
  • 値のデータ「1」 → 拡張子の非表示

②「OK」をクリックします。

コンピューターを再起動すれば、設定が反映されます。

コマンドプロンプトの場合


①スタートメニューのフォームに「cmd」と入力し
②コマンドプロンプトを「管理者として実行」しましょう。

Windows 11 コマンドプロンプトを起動する方法


ユーザーアカウント制御です。
「はい」をクリックしましょう。


コマンドプロンプトです。
次のコマンドを実行すると、ファイル拡張子が表示されるようになります。

reg add HKCU\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\Advanced /v HideFileExt /t REG_DWORD /d 0 /f


「この操作を正しく終了しました。」と表示されれば、OKです。
コンピューターを再起動すれば、設定が反映されます。

ファイル拡張子を非表示にする場合は次のコマンドを実行し、コンピューターを再起動しましょう。

reg add HKCU\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\Advanced /v HideFileExt /t REG_DWORD /d 1 /f

これでファイルの拡張子は非表示になります。

以上、Windows 11 ファイル拡張子を表示/非表示にする方法でした。Windows 11 の設定と使い方まとめていますのでご覧ください。また、関連記事もあわせてご覧ください。

Windows 11 の人気記事