MENU

Windows 11 - レジストリエディターを起動する方法

Windows 11でレジストリエディターを起動する方法を紹介します。


レジストリエディターとは、Windowsシステムの設定情報を保管している「レジストリ」を閲覧・編集するためのツールです。レジストリを編集することで、「設定」「コントロールパネル」から設定できないようなカスタマイズを実現することができます。便利なツールなので、起動方法を確認しておきましょう。

Windows11には、「レジストリエディター」を起動する方法がいくつかあります。それぞれの方法を試して、自分に合った/状況に合った方法を探してみましょう。

それでは起動方法をみていきます。

①スタートメニュー(検索)から起動

スタートメニューからレジストリエディターを起動する方法です。

①「Windowsロゴ」をクリックし
②スタートメニューのフォームに「レジストリ」と入力し
③「レジストリエディター」を起動しましょう。

これでレジストリエディターが起動します。

②ファイル名を指定して実行から起動

「ファイル名を指定して実行」からレジストリエディターを起動する方法です。

①「Windowsロゴ」を右クリックし
②「ファイル名を指定して実行」をクリックします。

ファイル名を指定して実行です。
①名前に「regedit」と入力し
②「OK」をクリックします。

これでレジストリエディターが起動します。

③スタートメニュー(すべてのアプリ)から起動

「スタートメニュー」→「すべてのアプリ」からレジストリエディターを起動する方法です。

「スタートメニュー」→「すべてのアプリ」から「Windowsツール」をクリックします。

Windowsツールです。
「レジストリエディター」をダブルクリックしましょう。

これでレジストリエディターが起動します。

④エクスプローラーから起動

「エクスプローラー」からレジストリエディターを起動する方法です。

エクスプローラーの上部フォームに「regedit」と入力し、Enterキーを押しましょう。

これでレジストリエディターが起動します。

⑤タスクマネージャーから起動

「タスクマネージャー」からレジストリエディターを起動する方法です。

①「Windowsロゴ」を右クリックし
②「タスクマネージャー」を起動します。

タスクマネージャーです。
上部メニュー「ファイル」から「新しいタスクの実行」をクリックします。

新しいタスクの作成です。
①開くに「regedit」と入力し
②「OK」をクリックします。

これでレジストリエディターが起動します。

⑥Windowsターミナルから起動

「Windowsターミナル」からレジストリエディターを起動する方法です。

①「Windowsロゴ」を右クリックし
②「Windowsターミナル」をクリックします。

Windowsターミナルです。
①タブの「∨」をクリックし
②「コマンドプロンプト」を選択しましょう。

「regedit」と入力し、Enterキーを押しましょう。

これでレジストリエディターが起動します。

レジストリエディター以外にもWindows11には便利なツールが用意されています。他の起動方法も合わせてご覧ください。

Windows 11 の人気記事