MENU

Windows11 スクロールバーを常に表示する/隠す方法

Windows 11のスクロールバーを常に表示する方法とスクロールバーを非表示に隠す方法を紹介します。

Windows 11のウィンドウの

右側にあるスクロールバーは自動的に隠すようになっていますが(非表示に)

スクロールバーは常に表示するように設定することができます。

ここではスクロールバーを常に表示する/隠すように設定する方法をみていきます。「Windowsの設定」「レジストリエディター」から設定することができるので、ここではそれらの方法をみていきます。

スクロールバーの表示設定(Windowsの設定)

それではWindowsの設定で、スクロールバーを設定していきます。

①「Windowsロゴ」を右クリックし
②「設定」をクリックします。

Windowsの設定

Windowsの設定です。
①左メニューの「アクセシビリティ」を選択し
②「視覚効果」をクリックします。

スクロールバーを常に表示する

スクロールバーを常に表示するを「オン」にすると、スクロールバーが常に表示されます。

スクロールバーを常に表示する

スクロールバーを常に表示するを「オフ」にすると、スクロールバーが隠されます(非表示になります)。

スクロールバーの表示設定(レジストリエディター)

それではレジストリエディターで、スクロールバーを設定していきます。

作業前にレジストリをバックアップしておきましょう!

①「Windowsロゴ」を右クリックし
②「設定」をクリックします。

ファイル名を指定して実行

ファイル名を指定して実行です。
①「regedit」と入力し
②「OK」をクリックします。

ユーザアカウント制御

ユーザーアカウント制御です。
「はい」をクリックします。

レジストリエディターで設定

レジストリエディターです。
①次のパスへ移動し

コンピューター\HKEY_CURRENT_USER\Control Panel\Accessibility

②「DynamicScrollbars」をダブルクリックし
③値のデータを編集します。

値のデータスクロールバー
0スクロールバーを常に表示する
1スクロールバーを常に表示しない(自動的に隠す)

④「OK」をクリックします。

これで設定完了です。コンピューターを再起動すると、設定が反映されます。

Windows11のタスクバー関連の記事