MENU

Windows 11 - タスクバーの位置を「上・右・左」に変更する方法

Windows 11のタスクバーの位置を変更する方法を紹介します。


Windows 11のタスクバーの位置はもちろん「下」ですが


このように「上」や「右」「左」に変更することもできます。

試しにタスクバーを「上」に変更してみましたが、操作感はイマイチでした……慣れの問題だとは思いますが、気分転換にはなりましたね。デスクトップの見慣れた光景を変化させてみることで、新しい気付きを得るかもっ!?

タスクバーの位置を変更する方法は?

Windows 11 のタスクバーの位置を変更する方法は次の手順です。

  1. レジストリをバックアップする。

    ※ タスクバーの位置変更は「レジストリの修正」を伴います。必ずバックアップを取っておきましょう。以下の記事を参考にしてください。
    Windows11のレジストリをバックアップ・復元する方法

  2. レジストリーエディターを起動する。


    ① スタートメニューのフォームに [regedit] と入力し
    ② [開く] をクリックします。


    ユーザーアカウント制御が表示されたら、[ はい] をクリックし、レジストリエディターを起動しましょう。

  3. パスを移動し、「Settings」をダブルクリックする。


    ① レジストリエディターで、次のパスに移動し

    コンピューター\HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\StuckRects3

    ② [Settings] をダブルクリックしましょう。

  4. タスクバーの位置を変更する。


    ① 次の表を参考に、タスクバーの位置を変更します。
    ② [OK] をクリックします。

    タスクバーの位置
    01
    02
    00下(既定値)
    03

    これで設定完了です。

  5. エクスプローラーを再起動し、設定を反映する。


    エクスプローラーを再起動すると、このようにタスクバーの位置が変更されます。

    ※ タスクバーを [左] [右] へ変更すると、[アプリ] アイコンが表示されなくなり……うまく機能しません。今後のアップデートで、タスクバーの位置変更が公式に対応されるのを期待しましょう。

Windows 11 の人気記事