MENU

Windows11 タスクバーを自動的に隠す方法

Windows 11のタスクバーを自動的に隠す方法を紹介します。

タスクバーは自動的に隠すことができるので、ここではその方法をみていきます。

タスクバーを自動的に隠すことでデスクトップ・作業スペースを広く使うことができるので、ノートパソコンや小さなディスプレイを使っている方は設定してみましょう。

タスクバーを自動的に隠す設定を有効に

それでは実際に設定していきます。

①タスクバーの何もないところで右クリック
②「タスクバーの設定」をクリックします。

タスクバーの設定

タスクバーの設定です。
①「タスクバーの動作」を選択し
②「タスクバーを自動的に隠す」にチェックを入れましょう

これで設定完了です。

このようにタスクバーは自動的に隠れるようになります。

マウスカーソルを下に持っていくと、タスクバーが表示されます。

タスクバーを自動的に隠す設定を無効に

タスクバーを自動的に隠す設定を無効にして、タスクバーを常に表示する方法を解説します。

  1. 「スタートボタン」を右クリックし、「設定」をクリックします。
  2. 設定の左メニューの「個人用設定」を選択し、「タスクバー」→「タスクバーの動作」を選択します。
  3. 「タスクバーを自動的に隠す」からチェックを外します


  4. これで設定完了です。常にタスクバーが表示されるようになります。

Windows 11関連の記事

Windows 11の関連記事です。合わせてご覧ください。