MENU

エクスプローラーを再起動する方法 - Windows 11 / 10

Windows 11 / 10 のエクスプローラーを再起動する方法を紹介します。

エクスプローラーは、デスクトップ・スタートメニューやタスクバー……といった画面の表示・操作を提供するソフトウェアです。

エクスプローラーが動かなくなった、あるいはエクスプローラーの設定を反映したい! そんな場合に必要なエクスプローラーの再起動方法を紹介します。

エクスプローラーを再起動する方法は?

Windows 11 のエクスプローラーを再起動する方法は次の手順です。

  1. タスクマネージャーを起動する

    1. 検索フォームで [task] と検索し
    2. [タスクマネージャー] を起動しましょう。

    Windows 10 はタスクバーからタスクマネージャーを起動するのが便利です。

    1. タスクバーの何もないところで右クリックし
    2. [タスクマネージャー] を起動しましょう。
  2. エクスプローラーを再起動する


    タスクマネージャーです。

    1. エクスプローラーを選択し
    2. [再開] をクリックします。

    これでエクスプローラーが再起動されます。

以上、Windows 11 のエクスプローラーを再起動する方法の解説は終了です。

コマンドプロンプトで再起動する場合

コマンドプロンプトから再起動する方法です。

  1. 検索フォームに「cmd」と入力し、「コマンドプロンプト」を起動します。
  2. 「taskkill /f /im explorer.exe」を実行し、エクスプローラーを停止します。
  3. 「start explorer.exe」を実行し、エクスプローラーを起動します。
  4. これでエクスプローラーが再起動されます。

taskkill /f /im explorer.exe
start explorer.exe

コマンドプロンプトの詳細は、Windows 11 コマンドプロンプトを起動する方法をご覧ください。

バッチファイルで再起動する場合

バッチファイルを作成して、エクスプローラーを再起動する方法です。

  1. [テキストドキュメント] を作成する。

    1. デスクトップの何もないところで右クリックし
    2. マウスカーソルを「新規作成」→
    3. 「テキストドキュメント」を選択しましょう。
  2. [バッチファイル] を作成する。


    「新規テキストドキュメント」が作成されました。ダブルクリックしましょう。

  3. [バッチファイル] を編集する。

    taskkill /f /im explorer.exe
    start explorer.exe

    このように編集しましょう。上で解説した「コマンドプロンプト」で実行するコマンドと同じですね。

  4. [バッチファイル] を保存する。

    1. 上部タブ「ファイル」を選択し
    2. 「名前を付けて保存」をクリックしましょう。

    1. 保存する場所を選択(ここでは「デスクトップ」)
    2. ファイル名を入力(ここでは「RestartExplorer.bat」)、ファイルの種類「すべてのファイル」を選択し
    3. 「保存」をクリックします。


    これでバッチファイルの作成は完了です。
    このファイルをダブルクリックすることで、エクスプローラーを再起動することができます。

Windows 11 の人気記事