MENU

Windows11 エクスプローラをフルパス表示にする方法

Windows 11でエクスプローラをフルパス表示にする方法を紹介します。

デフォルトでは、エクスプローラのタイトルには「現在のフォルダ名」が表示されていますが

このように「フルパス表示」にすることができます。

C:\Users\rdp\OneDrive\ドキュメント\DQ

作業フォルダが深く、自分がどこにいるのか?よくわからなくなる……そんな場合は本記事で紹介するフルパス表示に設定してみましょう。

ここでは従来のように「エクスプローラーのオプション」で設定する方法に加えて、「レジストリエディター」「コマンドプロンプト」で設定する方法をみていきます。

ファイルのフルパスをコピーする方法は?

エクスプローラをフルパス表示に

それでは実際にエクスプローラをフルパス表示にしてみましょう。

エクスプローラーを起動し

画面右上の[…]をクリックします。

すると、このようにメニューが表示されるので
[オプション]をクリックします。

フォルダーオプション

フォルダーオプションです。
①[表示]タブを選択
②[タイトルバーに完全なパスを表示する]にチェックを入れましょう。

  • チェックを入れる → フルパス表示
  • チェックをはずす → フォルダ名のみ表示

③[OK]をクリックします。

フルパス表示を確認

エクスプローラーのタイトルバーを確認してみましょう。

このようにフルパス表示になっていれば、設定完了です。

レジストリエディターで設定

作業前にレジストリをバックアップしておきましょう!

①スタートメニューのフォームに[regedit]と入力し
②[レジストリエディター]を開きましょう。

これでレジストリエディターが起動します。

ユーザーアカウント制御

ユーザーアカウント制御です。
[はい]をクリックしましょう。

ユーザーアカウント制御とは? 設定方法は?

レジストリの修正

レジストリエディターです。
①次のパスに移動し

コンピューター\HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\CabinetState

②[FullPath]をダブルクリックしましょう。
③値のデータを[1]に修正し

  • 値のデータ[1] → フルパス表示
  • 値のデータ[0] → フォルダ名のみ表示

④[OK]をクリックします。

これで設定完了です。コンピュータを再起動すれば、設定が反映されます。

その他のレジストリエディターの起動方法は?

コマンドプロンプトから設定

コマンドプロンプトを起動し、次のコマンドを実行しましょう。

コマンドプロンプトを起動する方法は?

エクスプローラをフルパス表示にする場合は次のコマンドを実行します。

REG ADD "HKCU\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\CabinetState" /V FullPath /T REG_DWORD /D 1 /F

これで設定完了です。コンピュータを再起動すれば、設定が反映されます。

エクスプローラにフォルダ名のみ表示する場合は次のコマンドを実行します。

REG ADD "HKCU\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\CabinetState" /V FullPath /T REG_DWORD /D 1 /0

これで設定完了です。コンピュータを再起動すれば、設定が反映されます。

Windows11関連の記事