MENU

Windows 11 - アニメーション効果を無効にする方法

Windows 11のアニメーション効果を無効にする方法を紹介します。

アニメーション効果はユーザーインターフェースの動きを滑らかにしてくれます。例えば、ウィンドウを最小化してみましょう! ウィンドウが滑らかにタスクバーに動くのがわかると思います。

ただ、パソコンで重たい処理をしているときや、そもそもスペックの高くないパソコンを使っていると、アプリの開閉が遅くなったり、動作が遅くなったりする一因になることがあります。

アニメーション効果によるカッコ良さよりもパフォーマンスを好む場合は今回紹介する方法でアニメーション効果を無効にしましょう。

ここでは「Windowsの設定」「コントロールパネル」からアニメーションを無効にする方法をみていきます。また有効に戻す方法も合わせて紹介します。

アニメーション効果を無効にする方法は?

アニメーション効果を無効にする方法は次の手順です。

「設定」を起動する

①「スタートボタン」を右クリックし
②「設定」をクリックします。

Windowsの設定は、いくつかの起動方法があります。詳しくは、Windows11 「Windowsの設定」を起動する方法をご覧ください

「アクセシビリティ」→「視覚効果」を選択する

Windowsの設定です。
①左メニューの「アクセシビリティ」を選択し
②「視覚効果」をクリックします。

アニメーション効果を「オフ」にする

視覚効果です。
アニメーション効果を「オフ」にしましょう。

これでアニメーション効果が無効になります。

コントロールパネルからアニメ効果を無効にする

コントロールパネルで、アニメーション効果を無効/有効にする方法です。

①スタートメニューで「control」を検索し
②「開く」をクリックします。

コントロールパネルの起動方法は他にもあります。詳しくは、Windows 11 コントロールパネルを起動する方法をご覧ください

コントロールパネルです。
「コンピューターの簡単操作」をクリックします。

「コンピューターの簡単操作センター」を選択し

「コンピューターを見つけやすくします」をクリックします。

画面を下へスクロールし
①「必要のないアニメーションは無効にします」にチェックを入れ
②「OK」をクリックしましょう。

これでアニメーション効果が無効になります。

Windows のパフォーマンス設定もあわせてご覧ください。詳しくは、Windows 11 パフォーマンスを優先にする方法をご覧ください

Windows 11 の人気記事