MENU

Windows 11 - 電源モードを変更する方法

Windows 11 電源モードを変更する方法を紹介します。

Windows 11 では、コンピューターの電力消費とハードウエアやシステム設定(画面の明るさ、スリープ)などを設定する「電源モード(電源プラン)」が用意されています。

  • バランス
  • 省電力
  • 高パフォーマンス

といったように用途に応じて設定することができるので、ここではその方法をみていきます。

電源モードを変更する方法は?

Windows 11 の電源モードを変更する方法は次の手順です。

  1. [設定] を起動する

    1. [スタートボタン] を右クリックし
    2. [設定] を選択しましょう。
  2. [システム] → [電源] を選択する

    1. 設定の左メニュー [システム] を選択し
    2. [電源] を選択しましょう。
  3. [電源モード] を選択する


    デフォルトの [電源モード] は [おすすめ] になっているので


    お好みの [電源モード] を選択しましょう。

これで Windows 11 電源モードを変更する方法の解説は終了です。

コントロールパネルで変更する場合

コントロールパネルで変更する方法です。

  1. コントロールパネルを起動する。

    1. スタートメニューのフォームに [control] と入力し
    2. [コントロールパネル] を起動しましょう。
  2. [ハードウェアとサウンド] を選択する。


    コントロールパネルです。[ハードウェアとサウンド] をクリックします。

  3. [電源プランの選択] をクリックする。

  4. [現在利用可能ではない設定を変更します] をクリックする。


    電源プランを変更するために [現在利用可能ではない設定を変更します] をクリックしましょう。

  5. [電源プラン] を変更する。


    電源プランを変更できるようになるので、[お気に入りのプラン] [追加のプラン] から電源プランを選択しましょう。

これで Windows 11 電源プランを変更する方法の解説は終了です。

Windows 11 の人気記事