MENU
\ 楽天スーパーセール開催中! /

Windows11 Home → Pro へアップグレードする方法

Windows 11 HomeからWindows 11 Proへアップグレードする方法を紹介します。

Windows 11 Pro へアップグレード

Windows 11 Pro にアップグレードすると「リモートデスクトップ」「BitLockerによるデバイスの暗号化」「会社や学校のドメインや Active Directory(AD)への接続」……などHomeでは利用できない機能・リソースが使えるようになります。

Proエディションに必要な機能がある場合は、アップグレードしましょう。

プロダクトキーを入力してアップグレード

Windows 11 Proのプロダクトキーを入力し、HomeからPro へのアップグレード方法をみていきます。

①「Windowsロゴ」を右クリックし
②「設定」をクリックします。

Windowsの設定

Windowsの設定です。
①左メニューの「システム」を選択
②「ライセンス認証」をクリックします。

Windowsのエディションをアップグレード

①「Windowsのエディションをアップグレード」を選択
②プロダクトキーの「変更」をクリックします。

プロダクトキーの入力

プロダクトキーの入力です。
①購入したプロダクトキーを入力し
②「次へ」をクリックします。

これで「Windows 10 Pro」へアップグレードされます。

Microsoft Storeからアップグレード

それではMicrosoft Store から Pro へのアップグレード方法をみていきます。

①「Windowsロゴ」を右クリックし
②「設定」をクリックします。

Windowsの設定

Windowsの設定です。
①左メニューの「システム」を選択し
②「ライセンス認証」をクリックします。

Windowsのエディションをアップグレード

ライセンス認証です。
①「Windowsのエディションをアップグレード」を選択し
②Microsoftアプリでのアップグレードから「Microsoft Storeを開く」をクリックします。

Microsoft Store

Microsoft Storeの「Windows 10/11 Proにアップグレードする」が表示されるので
「購入」をクリックします。

ユーザーの確認

ユーザーの確認です。
「Windows Hello」や「PIN」で認証します。

購入・支払い

「Windows 10/11 Pro アップグレード」の購入です。
支払い方法を確認・変更し(ここではクレジットカード)、「購入」をクリックします。

すべてのファイルを保存し、「はい、アップグレードを開始します」をクリックします。

アップグレード

すると、アップグレードの準備がはじまります。

準備が完了すると PC が再起動し、Pro の機能が追加されます(アップグレードされます)。

エディションの確認

Windowsの設定の「ライセンス認証」をみてみると
このように「Windows 10 Pro」へアップグレードされたことがわかります。

関連記事