MENU

Windows11の通知を無効(オフ)にする方法

Windows11の通知を無効(オフ)にする方法を紹介します。

Windows11には

このようにデスクトップに「通知」を表示する機能があります。

仕事やゲームをしているときに「通知」が表示されると困る場合が多いので

  • すべての「通知」をオフにする方法
  • 特定のアプリの「通知」をオフにする方法
  • 一時的に「通知」をオフにする方法

を紹介していきます。

すべての「通知」をオフにする方法

まずはすべての「通知」をオフにする方法をみていきます。

①「スタートボタン」を右クリックし
②「設定」を選択します。

Windowsの設定

Windowsの設定です。
①左メニューの「システム」を選択し
②「通知」をクリックします。

通知の設定

通知の設定です。
このようにデフォルトでは「オン」になっているので

通知を「オフ」に

通知を「オフ」にしましょう。

これですべての通知が「オフ」になります。

特定のアプリの「通知」をオフにする方法

特定のアプリの「通知」をオフにする方法です。

次の手順でアプリごとに「オン/オフ」を切り替えましょう。

アプリの「通知」をオフに
  1. 「スタートボタン」を右クリックし、「設定」を選択します。
  2. 左メニューの「システム」を選択し、「通知」をクリックします。
  3. 通知設定の画面を下へスクロールし、「アプリやその他の送信者からの通知」へ移動しましょう。
  4. 通知が必要なアプリは「オン」に
    通知が不要なアプリは「オフ」にしましょう。
  5. これで特定のアプリの「通知」を「オフ」にすることができます。

一時的に [通知] をオフにする方法

一時的に「通知」をオフにする方法です。

[集中モード] を使うと、[通知] を一時的にオフにすることができます。

次の手順で一時的に通知を「オフ」にします。

アプリの「通知」をオフに
  1. [スタートボタン] を右クリックし、[設定] を選択します。
  2. 左メニューの [システム] を選択し、[集中モード] をクリックします。
  3. 集中モードは [オフ] になっているので
    [重要な通知のみ] あるいは [アラームのみ] を選択しましょう。
  4. これで一時的に通知を [オフ] にすることができます(重要な通知のみに絞れます)。