MENU

Windows11のバージョン・ビルドを確認する方法

Windows11のバージョン・ビルドを確認する方法を紹介します。

Windowsはバージョンによって機能や操作方法が異なる場合があるので、ここでは自分が使用しているWindows11のバージョン・ビルドを確認する方法をみていきます。

Windows 11では「winverコマンド」「Windowsの設定」「コマンドプロンプト」「PowerShell」で、バージョン・ビルドを確認することができるので、ひとつずつみていきましょう。

winverコマンドでバージョンを確認

winverコマンドでバージョン・ビルドを確認する方法です。

①スタートメニューのフォームに「winver」と入力し
②「winver」を起動しましょう。

Windowsのバージョン情報

Windowsのバージョン情報で、バージョン・ビルドを確認することができます。

この例では、「21H2」がバージョン、「22000」がビルドになります。ビルド「22000.xxx」に続くピリオドの後の数字「xxx」はリリース番号になります。

※ winverコマンドは、「ファイル名を指定して実行」や「コマンドプロンプト」「PowerShell」でも利用可能です。

Windowsの設定でバージョンを確認

Windowsの設定でバージョンを確認をみていきます。

①スタートボタンを右クリックし
②「設定」をクリックします。

Windowsの設定

Windowsの設定です。
①左メニューの「システム」を選択し
②「バージョン情報」をクリックします。

バージョン情報(Windowsの仕様)

バージョン情報です。Windowsの仕様という項目から
①「バージョン」
②「OSビルド」を確認することができます。

コマンドプロンプトでバージョンを確認

コマンドプロンプトでバージョンを確認をみていきます。

①スタートメニューのフォームに「cmd」と入力し
②「コマンドプロンプト」を起動します。

次の3つのコマンドで、バージョン・ビルドを確認することができます。

①winverコマンド

winver

②verコマンド

ver

③systeminfoコマンド

systeminfo | findstr /B /C:"OS バージョン"

PowerShellでバージョンを確認

PowerShellでバージョンを確認をみていきます。

①スタートメニューのフォームに「powershell」と入力し
②「Windows PowerShell」を起動します。

次の2つのコマンドで、バージョン・ビルドを確認することができます。

①winverコマンド

winver

②Get-ComputerInfoコマンド

Get-ComputerInfo | Select OsName, OSDisplayVersion, OsBuildNumber

バージョン関連の記事

バージョン関連の記事です。合わせてご覧ください。

Windows 11の使い方

Windows 11の使い方です。合わせてご覧ください。