MENU

Windows 11 – メモリ容量を確認する方法

Windows 11 のメモリ容量を確認する方法を紹介します。

Windows 11 のメモリ容量のシステム要件は、4 GB 以上を満たしている必要があります。ただ、メモリ容量が 4 GBだと体感ではかなり遅く・重くなる場合が多くなるので、メモリを増設する必要があるかもしれません。そのため、まずはパソコン(Windows11)に搭載されているメモリ容量を確認してみましょう。

Windows 11 のシステム要件については、Windows 11 アップデート可能なPCかを確認する方法をご覧ください

ここでは [設定] [タスクマネージャー] [リソースモニター] からメモリ容量を確認する方法をみていきます。

メモリ容量を確認する方法は?

メモリ容量を確認する方法は次の手順です。

「設定」を起動する

① [スタートボタン] を右クリックし
② [設定] を選択します。

「システム」→「バージョン」を選択する

① 左メニューの [システム] を選択し
② [バージョン情報] をクリックします。

メモリ容量を確認する

メモリ容量(実装RAM)を確認します。

これで Windows 11 メモリ容量を確認する方法の解説は終了です。他の方法でもメモリ容量を確認することができるので、引き続きご覧ください。

タスクマネージャーからメモリ容量の確認する方法は?

タスクマネージャーからメモリ容量の確認する方法は次の手順です。

タスクマネジャーを起動する

① [スタートボタン] を右クリックし
② [タスクマネジャー] を起動します。

タスクマネジャーです。簡易表示の場合は [詳細] をクリックします。

メモリ容量を確認する

① タスクマネジャーの [パフォーマンス] タブをクリック
② 左メニューの [メモリ] します。
③ メモリ容量を確認しましょう。

※ タスクマネジャーを起動する方法はいくつかあります。詳しくは、Windows 11 タスクマネージャーを起動する方法をご覧ください

リソースモニターからメモリ容量の確認する方法は?

リソースモニターからメモリ容量の確認する方法は次の手順です。

「リソールモニター」を起動する

① 検索ボックスに [リソース] と入力し
② [リソールモニター] を [開く] をクリックしましょう。

メモリ容量を確認する

① リソールモニターの [メモリ] タブを選択すると
② メモリ容量を確認することができます。

これで Windows 11 メモリ容量を確認する方法の解説は終了です。その他の Windows 11 の設定と使い方をまとめていますので、ご参考にどうぞ。

Windows 11の人気記事