MENU

Windows 11 - メモリ整合性を無効にする方法

Windows 11 のメモリ整合性を無効にする方法を紹介します。

メモリ整合性は、悪意ある攻撃者がプロセスにコードを挿入するのを防ぎ、ドライバーがー署名・信頼されていることを保証してくれます。

この機能はセキュリティ対策には役立ちますが、Microsoft によると、ゲームのパフォーマンスに影響を与える可能性があるので、ここでは [メモリ整合性] を無効にする方法をみていきます。

メモリ整合性を無効にすると、セキュリティに対して脆弱になる危険性があるので、注意しましょう。

メモリ整合性を無効にする方法は?

Windows 11 のメモリ整合性を無効にする方法は次の手順です。

  1. [Windows セキュリティ] を起動する。


    スタートメニューの [すべてのアプリ] から


    [Windows セキュリティ] をクリックします。

  2. [デバイス セキュリティ] → [コア分離の詳細] を選択する。


    Windows セキュリティです。

    1. 左メニューの [デバイス セキュリティ] を選択し
    2. [コア分離の詳細] をクリックします。
  3. メモリ整合性の [オン] をクリックする。


    メモリ整合性が [オン] になっていれば、それをクリックしましょう。


    ユーザーアカウント制御です。[はい] をクリックします。

  4. コンピューターを再起動する。


    設定の変更を適用するためにコンピューターを再起動しましょう。

    Windows 11 のデスクトップに [再起動] のショートカットを作成することもできるので、あわせてご覧ください。

  5. メモリ整合性の設定を確認する。


    再起動後、メモリ整合性を確認しましょう。[オフ] になっていれば、設定完了です。

Windows 11 の人気記事