MENU

Windows11の仮想メモリを設定・変更する方法

Windows 11の仮想メモリを設定・変更する方法を紹介します。

仮想メモリとは、ハードディスクやSSDの一部を物理メモリ(メインメモリ)であるかのように使用できるメモリの管理手法です。

Windows11の推奨メモリ容量は「4GB」。これだけだと物理メモリが不足してしまうので、ここで仮想メモリが登場します。不足した物理メモリを補うためにオペレーティングシステム(Windows)が物理メモリからHDD/SSDなどのストレージにデータを一時的に転送します。

仮想メモリはHDD/SSDです。そのため、物理メモリよりかなり読み書き速度が遅く、仮想メモリを頻繁使用するパソコンはユーザーが重い/遅いと感じてしまいます。遅いと感じる場合は物理メモリを増設しましょう。

物理メモリの不足を補う仮想メモリですが、仮想メモリが不足する場合もあります。使用しているパソコンの物理メモリや使用用途を勘案し、仮想メモリをカスタマイズしましょう(推奨サイズを確認することもできます)。

仮想メモリの設定

それでは実際に仮想メモリを設定してみましょう。

①「スタートボタン」を右クリックし
②「設定」をクリックします。

Windowsの設定です。
①左メニューの「システム」を選択し
②「バージョン情報」をクリックします。

「システムの詳細設定」をクリックします。

システムのプロパティ

システムのプロパティです。
パフォーマンスの「設定」をクリックします。

パフォーマンスオプション

①「詳細設定」タブを選択し
②仮想メモリの「変更」をクリックします。

この画面で、すべてのドライブの総ページングファイルサイズ(仮想メモリのサイズ)を確認することができます。この例では「1216MB」です。

仮想メモリの設定

デフォルトでは「すべてのドライブのページングファイルのサイズを自動的に管理する」にチェックが入っています。

仮想メモリの管理は自動設定になっています。

仮想メモリを手動設定(カスタマイズ)

仮想メモリをカスタマイズしてみましょう。

①「すべてのドライブのページングファイルのサイズを自動的に管理する」からチェックをはずし
②仮想メモリをカスタマイズしましょう(※推奨サイズを参考にしましょう)。

  • カスタムサイズ
  • システム管理サイズ
  • ページングファイルなし

③カスタマイズしたら「設定」をクリックし
④「OK」をクリックします。

「OK」をクリックします。

変更結果はコンピューターを再起動しなければ有効になりません。

コンピューターを「今すぐ再起動する」をクリックしましょう。

再起動後、カスタマイズした仮想メモリの設定が反映されます。

関連記事

Windows11にはシステム管理ユーティリティであるパフォーマンスモニター。起動方法はこちらをご覧ください。