Windows 11 - 仮想メモリを設定・変更する方法

windows 11 virtual memory

Windows 11 の仮想メモリを設定・変更する方法を紹介します。

仮想メモリとは、ハードディスクやSSDの一部を物理メモリ(メインメモリ)であるかのように使用できるメモリの管理手法です。

Windows 11 の推奨メモリ容量は「4GB」。これだけだと物理メモリが不足してしまうので、ここで仮想メモリが登場します。不足した物理メモリを補うためにオペレーティングシステム(Windows)が物理メモリからHDD/SSDなどのストレージにデータを一時的に転送します。

仮想メモリはHDD/SSDです。そのため、物理メモリよりかなり読み書き速度が遅く、仮想メモリを頻繁使用するパソコンはユーザーが重い/遅いと感じてしまいます。遅いと感じる場合は物理メモリを増設しましょう。

物理メモリの不足を補う仮想メモリですが、仮想メモリが不足する場合もあります。使用しているパソコンの物理メモリや使用用途を勘案し、仮想メモリをカスタマイズしましょう(推奨サイズを確認することもできます)。

仮想メモリを設定・変更する方法は?

Windows 11 の仮想メモリを設定・変更する方法は次の手順です。

  1. [設定] を起動する

    how to increase virtual memory in windows 11 01

    1. [スタートボタン] を右クリックし
    2. [設定] をクリックします。
  2. [システム] → [バージョン情報] を選択する

    how to increase virtual memory in windows 11 02
    Windowsの設定です。

    1. 左メニューの [システム] を選択し
    2. [バージョン情報] をクリックします。
  3. [システムの詳細設定] をクリックする

    how to increase virtual memory in windows 11 03
    関連リンクにある [システムの詳細設定] をクリックします。

  4. パフォーマンスの [設定] をクリックする

    how to increase virtual memory in windows 11 04
    システムのプロパティです。パフォーマンスの [設定] をクリックします。

  5. 仮想メモリの [変更] をクリックする

    how to increase virtual memory in windows 11 05

    1. [詳細設定] タブを選択し
    2. 仮想メモリの [変更] をクリックします。

    この画面で、すべてのドライブの総ページングファイルサイズ(仮想メモリのサイズ)を確認することができます。この例では「1216MB」です。

  6. 仮想メモリを自動的に管理する

    how to increase virtual memory in windows 11 06
    デフォルトでは「すべてのドライブのページングファイルのサイズを自動的に管理する」にチェックが入っています。

    仮想メモリの管理は自動設定になっています。

  7. 仮想メモリを手動設定する(カスタマイズ)

    仮想メモリをカスタマイズしてみましょう。

    how to increase virtual memory in windows 11 00

    1. [すべてのドライブのページングファイルのサイズを自動的に管理する] からチェックをはずし
    2. 仮想メモリをカスタマイズしましょう(※推奨サイズを参考にしましょう)。
      • カスタムサイズ
      • システム管理サイズ
      • ページングファイルなし
    3. カスタマイズしたら [設定] をクリックし
    4. [OK] をクリックします。

    how to increase virtual memory in windows 11 08
    「OK」をクリックします。

  8. コンピューターを再起動する

    変更を適用するためにコンピューターを再起動しましょう。

    how to increase virtual memory in windows 11 09
    コンピューターを「今すぐ再起動する」をクリックしましょう。

    再起動後、カスタマイズした仮想メモリの設定が反映されます。

これで Windows 11 仮想メモリを設定・変更する方法の解説は終了です。

Windows 11 の人気記事