MENU

Windows 11 - SysMain(旧Superfetch)を無効にする方法

Windows 11 の SysMain(旧Superfetch)を無効にする方法を紹介します。

SysMain(Superfetch)は、アプリの起動を高速にする機能のことです。ここでは Superfetch を無効にする方法をみていきます。

Superfetch を無効にする方法は?

Windows 11 の Superfetch を無効にする方法は次の手順です。

  1. [サービス] を起動する

    1. スタートメニューのフォームに [services] と入力し
    2. サービスの [開く] をクリックします。
  2. [SysMain] をダブルクリックする


    サービスです。[SysMain] を探し、ダブルクリックしましょう。

  3. [SysMain] を無効にする

    1. スタートアップの種類の選択肢から [無効] を選択します。
    2. サービスの [停止] をクリックします。
    3. [OK] をクリックします。
  4. コンピューターを再起動する

    設定の変更を適用するためにコンピューターを再起動しましょう。

    Windows 11 のデスクトップに [再起動] のショートカットを作成することもできるので、あわせてご覧ください。

これで Superfetch を無効にする方法の解説は終了です。

SysMain(Superfetch)とは?

SysMain(Superfetch)は、アプリの起動を高速にする機能のことです。「SysMain」は、頻繁に使用するアプリを推測し、対応するデータと必要なファイルを事前にメモリにロードすることで、アプリの起動速度を高速にしてくれます。

Windows Vista で導入された「Superfetch」は、「SysMain」という名前に変更されました。そのため、「SysMain」は「旧Superfetch」などを記載されている場合もあります。

アプリの起動を高速にしてくれる「SysMain」ですが、その代わりにパソコンを全体として遅くなる可能性があります。そんな場合は今回紹介している方法で「SysMain」を無効にしましょう。

コマンドプロンプトで無効にする場合

コマンドプロンプトで Superfetch を無効にする方法です。

  1. スタートメニューに [cmd] と入力・検索します。
  2. [管理者として実行] をクリックします。
  3. 次のコマンドを入力し、Superfetchを無効にしましょう。
    sc stop "SysMain" & sc config "SysMain" start=disabled

これでコマンドプロンプトで、Superfetch を無効にする方法の解説は終了です。

Windows 11 の人気記事