MENU

Windows 11にアップデート可能なPCかを確認する方法

Windows11にアップデート可能なPCかを確認する方法を紹介します。

Windows 11

Microsoftは2021年6月25日にWindows10の後継にあたる最新OS「Windows 11」を発表しました。

Windows 10からWindows 11へのアップデートは無償で行うことができます。ただし、アップデートするPCは以下のシステム要件を満たしている必要があります。

CPU(プロセッサ)1GHz、デュアルコア以上の64bitプロセッサ
メモリ4 GB RAM
ストレージ64 GB 以上の記憶装置
グラフィックス カードDirectX 12 互換のグラフィックス / WDDM 2.x
ディスプレイ9インチ以上、HD解像度 (720p)

アップデート可能なPCかを確認

システム要件をひとつずつ確認しなくてもアップデート可能なPCかを確認するための「チェックツール」がWindows 11の公式サイトに用意されています。

チェックツール

ということで、ここではお使いのPCがWindows 11にアップデート可能かどうかをチェックツールで確認する方法をみていきます。

Windows 11 OS へのアップグレード」にアクセスし、画面を下へスクロールしましょう。

互換性の確認

「互換性の確認」というところにある「アプリをダウンロード」をクリックします。

お使いの PC が Windows 11 を動作するために必要な要件を満たしているかどうかは、こちらのチェックアプリでご確認いだたくことができます。

チェックツールのインストール

ダウンロードしたインストーラ・ファイル「WindowsPCHealthCheckSetup.msi」を実行します。

①「使用許諾契約書に同意します」にチェックを入れ
②「インストール」をクリックします。

①「Windows PC 正常性チェックを開く」にチェックを入れ
②「完了」をクリックします。

PC 正常性チェック

PC 正常性チェックです。「今すぐチェック」をクリックしましょう。

Windows 11を実行できます

Windows 11へアップデート可能な場合は「このPCでWindows 11を実行できます」と表示されます。

いいお知らせです。このPCは、Windows 11のシステム要件をすべて満たしています。しかも、無料です。インストールの準備が完了したら、お知らせします。

Windows 11を実行できません

Windows 11へのアップデートができない場合は「このPCではWindows 11を実行できません」と表示されます。

この PC が Windows 11 を実行するためのシステム要件を満たしていない場合、Windows 10の更新プログラムは引き続き取得されます。

フリーソフト「WhyNotWin11」で確認

フリーソフト「WhyNotWin11」を使用すると「アーキテクチャ」「起動方式」「CPU」……といった Windows 11 のアップデート(インストール)に必要な対応チェックを実行してくれます。

次の手順で実行します。

手順
  1. WhyNotWin11」にアクセスし、画面を下へスクロールし
  2. Download項目の「Download latest stable release」をクリックします。
  3. ダウンロードしたファイル「WhyNotWin11.exe」を実行します。
  4. Windows 11 対応チェックが表示されます。

Windows 11 Insider Preview のインストール

Windows 11 Insider Preview の配布が始まりました。開発版を使ってみたい! という方はこちらを参考にインストールしてみましょう。

関連記事