MENU

Windows 11 – パフォーマンスを優先にする方法

Windows 11 のパフォーマンスを優先にする方法を紹介します。

Windows 11 には、デザインとパフォーマンス(見た目をかっこよくする)のためにさまざまな視覚効果が用意されています。

  • Windows内のアニメーションコントロールと要素
  • アイコンの代わりに縮小版を表示する
  • タスクバーでアニメーションを表示する
  • ……など

ここでは、これらの不要なアニメーションなどの視覚効果を無効に設定し、Windows のパフォーマンスを優先にする方法をみていきます。

パフォーマンスを優先にする方法は?

パフォーマンス優先に(軽く)する方法は次の手順です。

パフォーマンスを優先にする方法
  1. [スタートボタン] を右クリックし、[設定] を選択します。
  2. 設定の左メニュー [システム] を選択し、[バージョン情報] をクリックします。
  3. [システムの詳細設定] をクリックします。
  4. [システムのプロパティ] ウィンドウのパフォーマンスの [設定] をクリックします。
  5. [パフォーマンスを優先にする] を選択し、[OK] をクリックします。
  6. これでパフォーマンスを優先にすることができます。

画像付きの解説は以下の手順をご覧ください。

「設定」を起動する

① [スタートボタン] を右クリックし
② [設定] を選択します。

「システム」→「バージョン情報」を選択する

① 設定の [システム] を選択し
② [バージョン情報] をクリックします。

「システムの詳細設定」を選択する

[システムの詳細設定] をクリックします。

パフォーマンスの「設定」を選択する

[システムのプロパティ] ウィンドウです。パフォーマンスの [設定] をクリックします。

※ 視覚効果、プロセッサのスケジュール、メモリ使用、および仮想メモリを設定することができます。

「パフォーマンスを優先する」を選択する

コンピューターの Windows のデザインとパフォーマンスを選択しましょう。
① [パフォーマンスを優先にする] を選択し
② [OK] をクリックします。

  • コンピュータに応じて最適なものを自動的に選択する
  • デザインを優先する
  • パフォーマンスを優先する
  • カスタム

ユーザーインターフェースの設定もあわせてご覧ください。詳しくは、Windows 11 アニメーション効果を無効にする方法をご覧ください

これで Windows 11 パフォーマンスを優先にする方法の解説は終了です。Windows 11 の設定と使い方まとめていますので、ご参考にどうぞ。

また、関連記事もあわせてご覧ください。

Windows 11の人気記事