MENU

Windows 11をライセンス認証する方法

ここではWindows11をライセンス認証する方法を紹介します。

Windows 11のライセンス認証

Windows11はライセンス認証しなくても新規にインストールすることができます。

しかし、ライセンス認証せずにWindowsを使い続けていると機能制限を受けることになるので、ここではWindows 11をライセンス認証する方法をみていきます。

それでは実際にライセンス認証してみましょう。

①「Windowsロゴ」を右クリックし
②「設定」を選択します。

Windowsの設定

Windowsの設定です。
①左メニューの「システム」を選択し
②「ライセンス認証」をクリックします。

ライセンス認証

ライセンス認証です。
「Micrososoft Storeを開く」をクリックします。

※ ここではMicrosoft Store アプリで新しいライセンスを購入します。

Microsoft Store

Microsoft Storeの「Windows 10/11 Home」のライセンスページが表示されるので、「購入」をクリックします。

ユーザーの確認

ユーザーの確認です。「PIN」あるいは「パスワード」を入力し、本人確認を行いましょう。

カード情報

アカウントに登録しているカードが表示されます。
①カードを確認しましょう。他のカードで支払う場合は「変更」をクリックし、情報を入力しましょう。
②「確認」をクリックします。

ライセンスの購入が完了しました。

ライセンス認証の確認

ライセンス認証の情報を確認すると「アクティブ」になっています。

「ライセンス認証の状態」を選択すると、ライセンスの状態を確認することができます。

Windowsは、Microsoftアカウントにリンクされたデジタルライセンスによってライセンス認証されています。

Windows 11 関連の記事

その他の Windows 11 関連の記事です。合わせてご覧ください。

関連記事