MENU

Windows11で環境変数を確認する方法

Windows11で環境変数を確認する方法を紹介します。

[環境変数] の名前と値は

  • Windowsの設定
  • コマンドプロンプト
  • PowerShell

のいずれかで簡単に確認することができます。

環境変数にはユーザー情報、一時フォルダーのパス、システム情報に関するデータが含まれています。

これらのデータを確認する必要がある場合は今回紹介する方法で確認しましょう。

[コマンドプロンプト] や [PowerShell] を使えば、環境変数のリストとして取得することもできるでしょう。

Windowsの設定から環境を確認する方法

エクスプローラーのメニューから新しいフォルダーを作成する手順です。

①[スタートボタン] を右クリックし
②[設定] を選択します。

Windowsの設定

①左メニューの [システム] を選択し
②[バージョン情報] をクリックします。

バージョン情報

バージョン情報です。
[システムの詳細設定] をクリックします。

システムのプロパティ

システムのプロパティです。
[環境変数] をクリックします。

環境変数

環境変数です。
ここで [ユーザー環境変数] [システム環境変数] を確認することができます。

また新たな環境変数を追加したり、既存の環境変数を編集・削除することもできます。

コマンドプロンプトで環境変数を確認する方法

コマンドプロンプトで環境変数を確認する手順です。

コマンドプロンプトで環境変数を確認
  1. スタートメニューを開き
  2. 検索フォームに [cmd] と入力・検索し
  3. コマンドプロンプトを起動しましょう。
  4. 次のコマンドを入力し、Enterキーを押します。
set
  1. これで環境変数を確認することができます。

PowerShellで環境変数を確認する方法

PowerShellで環境変数を確認する手順です。

PowerShellで環境変数を確認
  1. [スタートボタン] を右クリックし
  2. [Windowsターミナル] を選択し、PowerShellを起動しましょう。
  3. 次のコマンドを入力し、Enterキーを押します。
dir env:
  1. これで環境変数を確認することができます。