MENU

Windows11|Administratorを有効/無効にする方法

Windows11でAdministratorアカウントを有効/無効にする方法を紹介します。

Administratorはコンピューター/ドメインを管理するためにあらかじめWindowsシステムに用意されているビルトインアカウントです。

このアカウントを使用する場合は、今回紹介する方法で有効にする必要があるので、ここではその方法をみていきます。

Administratorを有効に

それでは実際にAdministratorを有効にしてみましょう。

コマンドプロンプトで有効に

①スタートメニューのフォームに「cmd」と入力し
②「管理者として実行」をクリックします。

ユーザーアカウント制御

ユーザーアカウント制御です。「はい」をクリックします。

Administoratorを有効に

コマンドプロンプト(管理者)です。次のコマンドを実行し、Administratorを有効にしましょう。

net user Administrator /active:yes

Administratorにパスワードを設定

次のコマンドを実行し、Administratorにパスワードを設定しましょう。

net user Administrator *

Administratorでサインイン

次回サインインするときに「Administrator」を選択し、設定した「パスワード」を入力しましょう。

これでAdministoratorを有効にできました。

PowerShellで有効に

①スタートメニューのフォームに「powershell」と入力し
②「管理者として実行」をクリックします。

ユーザーアカウント制御

ユーザーアカウント制御です。「はい」をクリックします。

Administoratorを有効に

PowerShell(管理者)です。次のコマンドを実行し、Administratorを有効にしましょう。

Get-LocalUser -Name "Administrator" | Enable-LocalUser

Administratorにパスワードを設定

次のコマンドを実行し、Administratorにパスワードを設定しましょう。

$Password = Read-Host "Enter the new password" -AsSecureString
$UserAccount = Get-LocalUser -Name "Administrator"
$UserAccount | Set-LocalUser -Password $Password

これでAdministoratorを有効にできました。

コンピュータの管理で有効に

①「スタートボタン」を右クリックし
②「コンピュータの管理」をクリックします。

コンピューターの管理

コンピューターの管理です。
①左メニューの「コンピューターの管理」→「システムツール」→「ローカルユーザーとグループ」→「ユーザー」を選択します。
②「Administrator」をダブルクリックします。

Administratorのプロパティ

Administratorのプロパティです。
①「アカウントを無効にする」からチェックを外し
②「OK」をクリックします。

Administratorのパスワードを設定

①「Administrator」を右クリックし
②「パスワードの設定」をクリックします。

「続行」をクリックします。

①Administratorの「パスワード」を入力・確認入力し
②「OK」をクリックします。

これでAdministratorが有効になります。

Administratorを無効に

Administratorを無効にする方法をみていきます。

コマンドプロンプトで無効に

次の手順でAdministratorを無効にします。

手順
  1. スタートメニューのフォームに「cmd」と入力し、「管理者として実行」をクリックします。
  2. ユーザーアカウント制御が表示されるので、「はい」をクリックします。
  3. 次のコマンドを入力し、Administratorを無効にします。
net user Administrator /active:no

PowerShellで無効に

次の手順でAdministratorを無効にします。

手順
  1. スタートメニューのフォームに「powershell」と入力し、「管理者として実行」をクリックします。
  2. ユーザーアカウント制御が表示されるので、「はい」をクリックします。
  3. 次のコマンドを入力し、Administratorを無効にします。
Get-LocalUser -Name "Administrator" | Disable-LocalUser

コンピューターの管理で無効に

次の手順でAdministratorを無効にします。

手順
  1. 「スタートボタン」を右クリックし、「コンピューターの管理」をクリックします。
  2. 「コンピューターの管理」→「システムツール」→「ローカルユーザーとグループ」→「ユーザー」を選択し
  3. 「Administrator」をダブルクリックします。
  4. 「アカウントを無効にする」にチェックを入れ、「OK」をクリックします。

Windows 11 関連の記事

その他のWindows 11 関連の記事も合わせてご覧ください。