MENU

Windows10 – 高速スタートアップを有効/無効にする方法

Windows 10 の高速スタートアップを有効/無効にする方法を紹介します。

高速スタートアップ

高速スタートアップとは、シャットダウン前のCPU・メモリなどのデバイスの状態を保存することで、次回パソコンを高速に起動してくれる機能のことです。

初期設定では高速スタートアップが有効になっていますが、シャットダウン前と接続しているデバイスが変わったりすると……エラーが生じパソコンが起動しなくなることがあります。そんなこんなで高速スタートアップは無効にしておいたほうがいいかもしれません。とうことで、ここでは高速スタートアップを設定(有効/無効)にする方法をみていきます。

また、まれに高速スタートアップの設定がない/表示されない場合があるので、その対処方法をみていきます。

高速スタートアップを有効/無効に

それでは実際に高速スタートアップを無効にしてみましょう。

タスクバーからコントロールパネルを起動


タスクバーの「フォーム」に


コントロールパネル」と入力し


「コントロールパネル」を起動しましょう。

コントロールパネル


コントロールパネルです。「ハードウェアとサウンド」をクリックしましょう。


「電源ボタンの動作の変更」をクリックしましょう。


すると、電源オプションのシステム設定が表示されます。「現在利用可能でない設定を変更します」をクリックしましょう。

高速スタートアップの設定


すると、下の方にある(グレーアウトされていた)設定が変更できるようになるので

  • 高速スタートアップを有効にする
    これにより、シャットダウン後の PC の起動時間が速くなります。再起動は影響を受けません。

デフォルトでは高速スタートアップが有効になっているので(チェックが入っている)、無効にする場合はチェックをはずしましょう


「変更の保存」をクリックすれば、設定完了です。

高速スタートアップがない/表示されない場合の対処方法

このようにシャットダウン設定に「高速スタートアップ」が表示されない場合は次の方法を試してみましょう。

対処方法①:PowerShell

PowerShellで「powercfg」コマンドを使って、高速スタートアップが表示されない場合に対処することができます。

手順
  1. 画面左下の「Windowsロゴ」を右クリックし
  2. 表示されたクイックアクセスメニューから「Windows PowerShell(管理者)」を起動します。
  3. ユーザーアカウント制御が表示されたら「はい」をクリックします。
  4. PowerShellに次のコマンドを入力し、Enterキーを押します。
  5. PowerShellを閉じ、パソコンを再起動します。
powercfg /hibernate on

対処方法②:コマンドプロンプト

コマンドプロンプトでもPowerShellと同じコマンドで対処することができるので、合わせて紹介しておきます。

手順
  1. タスクバーの検索ボックスに「cmd」と入力します。
  2. 表示された「コマンドプロンプト」を右クリックし、「管理者として実行」をクリックします。
  3. ユーザーアカウント制御が表示されたら「はい」をクリックします。
  4. コマンドプロンプトに次のコマンドを入力し、Enterキーを押します。
  5. コマンドプロンプトを閉じ、パソコンを再起動します。
powercfg /hibernate on

高速スタートアップの確認

再起動後、「高速スタートアップ」の設定を確認してみましょう。このように設定できるようになれば、OKです。

Windows10の使い方や設定

関連記事