Windows10 - クイックアクセスメニューの使い方 - ショートカットキー

Windows10 のクイックアクセスメニューの使い方とショートカットキーを紹介します。

クイックアクセスメニューの使い方


Windowsロゴにマウスカーソルを持っていき、右クリックすると


このようにクイックアクセスメニューが表示されます。


例えば、「タスクマネージャー」をクリックすると


このようにタスクマネージャーが起動します。

クイックアクセスメニューのショートカットキー

クイックアクセスメニューにはショートカットキーがあり、ショートカットキー「Win + X」を押すと


このようにクイックアクセスメニューが起動します。

また、クイックアクセスメニューの項目それぞれにショートカットキーがあります。

例えば、ショートカットキー「Win + X」を押したあとに「I」キーを押すと、「PowerShell」が起動といった感じです。

キー操作
Win + X → Fアプリと機能
Win + X → O電源オプション
Win + X → Vイベントビューアー
Win + X → Yシステム
Win + X → Mデバイスマネージャー
Win + X → Wネットワーク接続
Win + X → Kディスクの管理
Win + X → Gコンピューターの管理
Win + X → IWindows PowerShell
Win + X → AWindows PowerShell(管理者)
Win + X → Tタスクマネージャー
Win + X → N設定
Win + X → Eエクスプローラー
Win + X → S検索
Win + X → Rファイル名を指定して実行
Win + X → Uシャットダウンまたはサインアウト
Win + X → U → Iサインアウト
Win + X → U → Uシャットダウン
Win + X → U → R再起動
Win + X → Dデスクトップ

クイックアクセスメニューの変更

ショートカットキー

Windows10の使い方

関連記事(一部広告含む)