Windows10 - タスクマネージャーを起動する方法

Last Update:

Windows10 のタスクマネージャーを起動する方法を紹介します。

タスクマネージャー

タスクマネージャーとは起動している「アプリ」やバックグラウンドで動いているプロセスなどを管理するプログラムです。


アプリのCPUやメモリの使用率/使用量を確認したり、アプリを強制終了することもできます。

Windows10 ではいくつかの方法で「タスクマネージャー」を起動することができるので、ここではそれらの方法を紹介します。

スタートメニューから

まずはスタートメニューから「タスクマネージャー」を起動する方法をみていきます。


スタートボタンをクリックし


スタートメニューの「アプリ」項目のところを下にスクロールし


「Windows システムツール」→「タスクマネージャー」をクリックします。


すると、簡易表示の「タスクマネージャー」が起動するので


「詳細」をクリックしましょう。


すると、このように詳細表示の「タスクマネージャー」が表示されます。

タスクバーから

次はタスクバーから「タスクマネージャー」を起動する方法をみていきます。

※ 個人的にはこの方法がおすすめです。


タスクバーの何もないところにマウスカーソルをもっていき、右クリックすると


このようなメニューが表示されるので、その中から「タスクマネージャー」をクリックします。

検索ボックスから

最後にタスクバーの検索フォームから「タスクマネージャー」を起動する方法をみていきます。


タスクバーの「フォーム」に


task」と入力し


「タスクマネージャー」を起動しましょう。

ショートカットキーで起動

ショートカットキー「Ctrl + Shift + ESC」を使って、タスクマネージャーを起動することもできます。

クイックアクセスメニューから

Windowsロゴにマウスカーソルを持っていき右クリック、あるいは! ショートカットキー「Win + X」を押すと


クイックアクセスメニューが表示されるので「タスクマネージャー」をクリックしましょう。

Windows10 - クイックアクセスメニューの使い方

Windows10 - ショートカットキーの一覧表(まとめ)

Windows10の使い方と設定

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ

システム関連の人気記事

  1. Windows10 - ローカルグループポリシーエディターの起動
  2. Windows10 - 32ビット版か64ビット版かを確認
  3. Windows10 - タスクマネージャーを起動する方法
  4. Windows10 - 仮想メモリの設定・サイズ変更(カスタマイズ)
  5. Windows10 - 「デバイスのセットアップを完了しましょう」を無効に
  6. Windows10 をパフォーマンス優先に(軽く)する方法
  7. Windows10 - ディスプレイの設定 - 解像度の変更
  8. Windows10の初期設定 - 初心者向けのセットアップ
  9. Windows10 - デスクトップに「シャットダウン」ショートカットを作成
  10. Windows10 のパフォーマンスを確認・表示(CPU、メモリ、ディスク)
  11. Windows10 - グラフィックの設定(アプリごとに使用するGPUを選択)
  12. Windows10 - NTPサーバーの変更 - インターネット時刻
  13. Windows10 - ボリューム(パーティション)を拡張する方法
  14. Windows10 - アニメーションを無効にする(オン/オフ)方法
  15. Windows10 - バージョン情報とOSビルドを確認 - winverコマンド

関連記事(一部広告含む)