MENU

Windows10 – アプリにショートカットキーを割り当てる

Windows10のよく使う特定のアプリにショートカットキーを割り当てる方法を紹介します。

特定アプリのショートカットキーを作成

Windows10は、特定のアプリを簡単に起動するためにショートカットキーを割り当てることができます。例えば、ショートカットキー「Ctrl + Alt + C」を押すと、「Google Chrome」が起動する……といった感じです。

頻繁に利用するアプリにショートカットキーを割り当て、業務効率をアップしましょう!

それでは実際に特定のアプリにショートカットキーを作成してみましょう。

※ ここでは「Google Chrome」にショートカットキー「Ctrl + Alt + C」を割り当ててみます。

スタートメニュー→アプリ


スタートメニューからアプリを探し、右クリックしましょう。

アプリの場所を開く


「その他」→「ファイルの場所を開く」をクリックします。

アプリを右クリック


すると、アプリのフォルダーが表示されます。「Google Chrome」を右クリック


「プロパティ」をクリックします。

アプリのプロパティ


アプリのプロパティーです。「ショートカットキー」をクリックし、割り当てたいショートカットキーを押しましょう。

※ ここでは「C」キーを押しました。

ショートカットキーの割り当て


すると、①ショートカットキー「Ctrl + Alt + C」が割り当てられるので、②「OK」をクリックしましょう。

※ 「Ctrl + Alt」は自動で割り当てられます。


「これらの設定を変更するには管理者の権限が必要です」というポップアップが表示されたら、「続行」をクリクしましょう。

ショートカットキーでアプリを起動

それでは実際に割り当てたショートカットキーでアプリを起動してみましょう。


ショートカットキー「Ctrl + Alt + C」を押すと


このように「Google Chrome」が起動します。

ショートカットキーの一覧表

Windows10の使い方

関連記事