Windows10 - 「Alt + Tab」キーの動作を設定 - ショートカットキー

Last Update:

Windows10 20H2(October 2020 Update)からショートカットキー「Alt + Tab」キーの動作が変わりました。

「Alt + Tab」キーの動作

ショートカットキー「Alt + Tab」キーを押すと


アプリのウィンドウ単位での切り替えに加えて、Microsoft Edgeタブ単位で切り替えることができるようになりました。

※ 具体的にはショートカットキー「Alt + Tab」を押すと、「アプリ①→アプリ②→Edgeのタブ①→Edgeのタブ②……」のように切り替わります。

デフォルトでは、Edgeのタブは最新のタブ5つまで表示されるようになっていますが、この設定は変更することができるので、ここではその方法をみていきます。

※ 例えば、従来の「アプリのウィンドウ単位での切り替え」に戻すこともできます。

「Alt + Tab」キーの動作を設定(変更)

それでは実際に設定してみましょう。

スタートメニューから「Windowsの設定」を起動


スタートメニューの「歯車」アイコンをクリックします。

Windowsの設定


Windowsの設定です。「システム」をクリックします。


左メニューの「マルチタスク」をクリックします。

マルチタスクの設定


「AltキーとTabキー」の設定です。

「Alt + Tab」キーの動作を設定


「AltキーとTabキー押すと表示されます」をクリックし、次の設定から変更しましょう。

  • Edgeでウィンドウとすべてのタブを開く
  • Edgeでウィンドウと最新の5つのタブを開く
  • Edgeでウィンドウと最新の3つのタブを開く
  • ウィンドウのみを開く

従来のアプリのウィンドウ単位での切り替え


「ウィンドウのみを開く」を選択し


ショートカットキー「Alt + Tab」を押してみると、従来の「アプリのウィンドウ単位での切り替え」になります。

※ Edgeはタブごとに表示されず、1つのアプリとして表示されます。

Windows10のショートカットキー

Windows10の使い方

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ

アプリ関連の人気記事

  1. Windows10 - スタートアップに登録 - 起動時にアプリを自動起動
  2. Windows10 - アプリのスタートアップを無効に(削除)
  3. Windows10 - iTunes のダウンロードとインストール
  4. Windows10 - バックグラウンドで実行しているアプリを停止する方法
  5. Windows10 - Google Chrome のインストール(既定のブラウザ)
  6. Windows10 に Windows Media Player をインストールする
  7. Windows10 - アプリ「アラーム&クロック」を使ってみた
  8. Windows10 - クリップボード履歴の設定と使い方(オン/オフ)
  9. Windows10 - 既定のアプリを選択(変更)する方法
  10. Windows10 - Internet Explorerをインストールする
  11. Windows10 - 既定(デフォルト)の Web ブラウザーを設定
  12. Windows10 - 手書き入力ノート・アプリ「Windows Journal」を使ってみた
  13. Windows10 - OneDrive のアンインストール(削除)
  14. Windows10 - アプリ「People(アドレス帳)」を使ってみた
  15. Windows10 - 「Alt + Tab」キーの動作を設定 - ショートカットキー

関連記事(一部広告含む)