Windows10 - 「Alt + Tab」キーの動作を設定 - ショートカットキー

Windows10 20H2(October 2020 Update)からショートカットキー「Alt + Tab」キーの動作が変わりました。

ショートカットキー「Alt + Tab」キーを押すと


アプリのウィンドウ単位での切り替えに加えて、Microsoft Edgeタブ単位で切り替えることができるようになりました。

※ 具体的にはショートカットキー「Alt + Tab」を押すと、「アプリ①→アプリ②→Edgeのタブ①→Edgeのタブ②……」のように切り替わります。

デフォルトでは、Edgeのタブは最新のタブ5つまで表示されるようになっていますが、この設定は変更することができるので、ここではその方法をみていきます。

※ 例えば、従来の「アプリのウィンドウ単位での切り替え」に戻すこともできます。

Windows10 - 「Alt + Tab」キーの動作を設定

それでは実際に設定してみましょう。

スタートメニューから「Windowsの設定」を起動


スタートメニューの「歯車」アイコンをクリックします。

Windowsの設定


Windowsの設定です。「システム」をクリックします。


左メニューの「マルチタスク」をクリックします。

マルチタスクの設定


「AltキーとTabキー」の設定です。

「Alt + Tab」キーの動作を設定


「AltキーとTabキー押すと表示されます」をクリックし、次の設定から変更しましょう。

  • Edgeでウィンドウとすべてのタブを開く
  • Edgeでウィンドウと最新の5つのタブを開く
  • Edgeでウィンドウと最新の3つのタブを開く
  • ウィンドウのみを開く

従来のアプリのウィンドウ単位での切り替え


「ウィンドウのみを開く」を選択し


ショートカットキー「Alt + Tab」を押してみると、従来の「アプリのウィンドウ単位での切り替え」になります。

※ Edgeはタブごとに表示されず、1つのアプリとして表示されます。

Windows10のショートカットキー

Windows10の使い方

関連記事(一部広告含む)