MENU

Windows 11 - 近距離共有を有効にする/無効にする方法

Windows 11 の近距離共有を有効にする/無効にする方法を紹介します。

Windows 11 の近距離共有を有効にすると、ファイル・写真・Webサイトのリンクなどを Bluetooth や Wi-Fi経由で近くの Windows デバイスと共有することができます。

近距離共有は、Windows 11 および Windows 10 で使用することができますが、スマホ・タブレットとファイルを共有することはできません。

近距離共有を有効にする方法は?

Windows 11 近距離共有を有効にする方法は次の手順です。

  1. [設定] を起動する

    1. [スタートボタン] を右クリックし
    2. [設定] を選択します。
  2. [システム] → [近距離共有] を選択する

    1. 設定の左メニュー [システム] を選択し
    2. [近距離共有] を選択しましょう。
  3. [近距離共有] を有効にする


    近距離共有を有効にする場合は次のどちらかを選択しましょう。

    • 自分のデバイスのみ
      (同じ Microsoftアカウントを使用しているPC間でファイルを共有することができます。)
    • 近くにいる全てのユーザー
      (近くにある Windows PC間でファイルを共有することができます。)

    デフォルトでは [オフ] になっています。


    受信したファイルの保存先を [変更] することもできます。お好みで変更しましょう。

これで Windows 11 近距離共有を有効にする方法の解説は終了です。

近距離共有を無効にする方法は?

Windows 11 近距離共有を無効にする方法は次の手順です。

  1. [スタートボタン] を右クリックし、[設定] を起動します。

  2. 設定の [システム] → [近距離共有] を選択します。

  3. 近距離共有を [オフ] にしましょう。

これで Windows 11 近距離共有を無効にする方法の解説は終了です。

クイック設定で「近距離共有」を設定する場合

クイック設定で「近距離共有」を設定する方法です。

クイック設定をカスタマイズすることで


このように [近距離共有] を [オン/オフ] にすることもできます。

Windows 11 の人気記事