MENU

Windows 11 – スリープさせないように設定する方法

Windows 11 をスリープさせないように設定する方法を紹介します。

Windows 11 はマウスを動かさない・キーボードの入力がない時間が続くと、省電力のために自動的にスリープするように設定されています。

自動でスリープさせないように設定することもできるので、ここではその方法をみていきます。

スリープさせないように設定する方法は?

Windows 11 をスリープさせないように設定する方法は次の手順です。

スリープさせないように設定する方法
  1. [スタートボタン] を右クリックし、[設定] を選択します。
  2. 設定の左メニュー [システム] を選択し、[電源] をクリックします。
  3. [画面とスリープ] を選択します。
  4. 「デバイスをスリープ状態にする」から [なし] を選択します。
  5. パソコンが自動でスリープさせないように設定することができます。

画像付きの解説は以下の手順をご覧ください。

「設定」を起動する

① [スタートボタン] を右クリックし
② [設定] を選択します。

「システム」→「電源」を選択する

① 左メニューの [システム] を選択し
② [電源] をクリックします。

「画面とスリープ」を選択する

「画面とスリープ」を選択します。

スリープ状態にするから「なし」を選択する

「電源接続時に、次の時間が経過した後にデバイスをスリープ状態にする」から [なし] を選択します。

これで、パソコンが自動でスリープさせないように設定することができました。

ノートパソコンの場合、「バッテリー駆動時」「電源接続時」を分けて設定することができます。

スリープを解除して、パソコンを操作する場合はマウスを動かしましょう。あるいは、キーボードを入力することで、スリープを解除することができます。

これで Windows 11 をスリープさせないように設定する方法の解説は終了です。Windows 11 の設定と使い方まとめていますのでご覧ください。また、関連記事もあわせてご覧ください。

Windows 11の人気記事