MENU

Windows11 パフォーマンスモニターを起動する方法

Windows11で、パフォーマンスモニターを起動する方法を紹介する。

パフォーマンスモニターは、システム監視ユーティリティです。パフォーマンスのデータをリアルタイム(またはログファイル)で表示することができます。例えば、CPUやメモリなどをどのくらい使用しているか?などを監視することができます。

Windows11には、「パフォーマンスモニター」を起動する方法がいくつかあります。それぞれの方法を試して、自分に合った/状況に合った方法を探してみましょう。

それでは起動方法をみていきます。

①スタートメニュー(検索)

「スタートメニュー(検索)」からパフォーマンスモニターを起動する方法です。

①スタートメニューのフォームに[パフォーマンス]と入力し
②[パフォーマンスモニター]を起動しましょう。

これでパフォーマンスモニターが起動します。

コマンドプロンプトの起動方法は?

②ファイル名を指定して実行

「ファイル名を指定して実行」からパフォーマンスモニターを起動する方法です。

①[スタートボタン]を右クリックし
②[ファイル名を指定して実行]をクリックします。

ファイル名を指定して実行です。
①名前に「perfmon」と入力し
②「OK」をクリックします。

これでパフォーマンスモニターが起動します。

ショートカットキー[Win + R]でも「ファイル名を指定して実行」を起動することができます。

③スタートメニュー(すべてのアプリ)

「スタートメニュー(すべてのアプリ)」からパフォーマンスモニターを起動する方法です。

スタートメニューの[すべてのアプリ]をクリックします。

[Windowsツール]をクリックします。

Windowsツールです。
[パフォーマンスモニター]を起動しましょう。

これでパフォーマンスモニターが起動します。

④タスクマネージャー

「タスクマネージャー」からパフォーマンスモニターを起動する方法です。

①[スタートボタン]を右クリックし
②[タスクマネージャー]を起動します。

タスクマネージャーです。
上部メニュー「ファイル」→「新しいタスクの実行」をクリックします。

新しいタスクの作成です。
①開くに[perfmon]と入力し
②[OK]をクリックします。

これでパフォーマンスモニターが起動します。

その他のタスクマネージャーの起動方法は?

⑤システム構成(msconfig)

「システム構成」からパフォーマンスモニターを起動する方法です。

①スタートメニューのフォームに[msconfig]と入力し
②[システム構成]を起動しましょう。

システム構成です。
①上部タブ[ツール]を選択
②[パフォーマンスモニター]を選択し
③[起動]をクリックしましょう。

これでパフォーマンスモニターが起動します。

⑥Windowsターミナル

「Windowsターミナル」からパフォーマンスモニターを起動する方法です。

①[スタートボタン]を右クリックし
②[Windowsターミナル]を起動しましょう。

Windowsターミナルです。
[perfmon]コマンドを実行しましょう。

これでパフォーマンスモニターが起動します。

コマンドプロンプトの起動方法は?

⑦エクスプローラー

「エクスプローラー」からパフォーマンスモニターを起動する方法です。

エクスプローラーを起動し
パスが表示されている上部フォームに[perfmon]と入力し、Enterキーを押しましょう。

あるいは!

①次のパスにアクセスし

C:\Windows\System32

②アプリ[perfmon]を起動しましょう。

これでパフォーマンスモニターが起動します。

エクスプローラをフルパス表示にする方法は?

「起動」関連の記事

タスクマネージャー以外にもWindows11には便利なツールが用意されています。他の起動方法も合わせてご覧ください。

Windows 11 関連の記事

その他のWindows 11 関連の記事も合わせてご覧ください。