MENU

Windows 11/10 ディスクの管理を起動する方法

Windows 11/10でディスクの管理を起動する方法を紹介します。

ディスクの管理は、Windows11/10に接続しているHDD(ハードディスク)/SSDなどの管理をすることができます。

ディスクのパーティション作成・削除やフォーマットをしたり……ドライブレターを変更……などのディスク管理の行います。

Windows 11/10には、「ディスクの管理」を起動する方法がいくつかあります。それぞれの方法を試して、自分に合った/状況に合った方法を探してみましょう。

それでは起動方法をみていきます。

①スタートボタンを右クリック

スタートボタンを右クリックして、ディスク管理を起動する方法です。

①[Windowsロゴ]をクリックし
②[ディスク管理]をクリックします。

これでディスク管理が起動します。

②コンピュータの管理

コンピュータの管理から、ディスク管理を起動する方法です。

①[Windowsロゴ]をクリックし
②[コンピュータの管理]をクリックします。

コンピュータの管理です。
左メニューの[ディスクの管理]をクリックします。

これでディスク管理を行うことができます。コンピュータの管理では、システムツールやサービスなどの他の機能も使用できるので、便利です。

③検索

検索して、ディスクの管理を起動する方法です。

①[ディスクの管理]を検索し
②[ハードディスク パーティションの作成とフォーマット]をクリックしましょう。

これでディスクの管理が起動します。

④ファイル名を指定して実行から起動

「ファイル名を指定して実行」からディスクの管理を起動する方法です。

①「Windowsロゴ」を右クリックし
②「ファイル名を指定して実行」をクリックします。

ファイル名を指定して実行です。
①名前に「diskmgmt.msc」と入力し
②「OK」をクリックします。

これでディスクの管理が起動します。

ショートカットキー[Win + R]でも「ファイル名を指定して実行」を起動することができます。

⑤Windowsターミナルから起動

「Windowsターミナル」からディスクの管理を起動する方法です。

①[Windowsロゴ]を右クリックし
②[Windowsターミナル]をクリックします。

Windowsターミナルです。
[diskmgmt.msc]と入力し、Enterキーを押しましょう。

これでディスクの管理が起動します。

コマンドプロンプトを起動する方法は?

「起動」関連の記事

レジストリエディター以外にもWindows11には便利なツールが用意されています。他の起動方法も合わせてご覧ください。

Windows11関連の記事

Windows11関連の記事です。合わせてご覧ください。