MENU

Windows11|ディスクをクリーンアップする方法

Windows11のディスクをクリーンアップする方法を紹介します。

ここではいくつかの方法でWindows11のディスクをクリーンアップし、空き容量を増やす方法をみていきます。

①クリーンアップ対象候補

Windows11には「一時ファイル」「大きなファイル」「未使用のファイル」……といったクリーンアップ対象候補を選定してくれる機能があります。

この機能を使って、ディスクの空き容量を増やしましょう。

  1. 「スタートボタン」を右クリックし、「設定」をクリックします。
  2. 「記憶域」を選択します。


  3. 記憶域の管理から「クリーンアップ対象候補」を選択します。


  4. クリーンアップ対象候補です。


  5. クリーンアップしたい項目から削除したい候補を選択し、クリーンアップをクリックしましょう。


  6. これでディスクの空き容量を増やすことができます。

②ストレージセンサーを有効に

ストレージセンサーを有効にすることで、自動的にディスクの空き容量を増やすことができます。

  1. 「スタートボタン」を右クリックし、「設定」をクリックします。
  2. 「記憶域」を選択します。
  3. ストレージセンサーを「オン」にしましょう。


  4. これで自動的にクリーンアップが実行されます。

※ ストレージセンサーの詳細設定はこちらをご覧ください。

③一時ファイルの削除

Windowsの設定から一時ファイルを削除し、ディスクの空き容量を増やしましょう。

  1. 「スタートボタン」を右クリックし、「設定」をクリックします。
  2. 「記憶域」を選択します。


  3. 記憶域の「一時ファイル」を選択します。


  4. 一時ファイルです。削除する一時ファイルを選択し


  5. 「ファイルの削除」をクリックします。


  6. ファイルの削除です。「続行」をクリックし、選択したファイルとデータを完全に削除しましょう。


  7. 一時ファイルのクリーンアップが完了しました。


  8. これでディスクの空き容量を増やすことができます。

④ディスククリーンアップ

従来のWindowsからある「ディスククリーンアップ」を使って、ディスクの空き容量を増やす方法です。

  1. スタートメニューの検索フォームに「ディスククリーンアップ」と入力し、アプリを起動しましょう。
  2. ディスククリーンアップから「削除するファイル」を選択し
    ・ダウンロードされたプログラムファイル
    ・インターネット一時ファイル
    ・Windowsエラー報告とフィードバックの診断
    ・DirectXシェーダーキャッシュ
    ・配信の最適化ファイル
    ・ごみ箱
    ・一時ファイル
    ・縮小表示
  3. 「OK」をクリックします。


  4. これらのファイルを完全に削除しますか?と表示されるので、「ファイルの削除」をクリックします。


  5. これでディスクの空き容量を増やすことができます。

Windows 11 関連の記事

その他のWindows 11 関連の記事も合わせてご覧ください。