MENU

Windows 11のUSBインストールメディアを作成する方法

ここではWindows11のインストールメディア(USBメモリ)を作成する方法を紹介します。

インストールメディアの作成

Windows11の再インストールまたはクリーンインストールをするためにUSBインストールメディアを作成する方法をみていきます。

ここでは①『Microsoftが配布しているメディア作成ツールからUSBインストールメディアから作成する方法』と②『ISOファイルからUSBインストールメディアを作成する方法』の2つを紹介します。

①メディア作成ツールからUSBインストールメディアの作成

メディア作成ツールからUSBインストールメディアを作成する方法をみていきます。

USBメモリをパソコンに接続

USBメモリ(少なくとも容量8GB必要)をパソコンに接続しましょう。

バッファロー
¥1,273 (2021/10/25 14:41時点 | Amazon調べ)

メディア作成ツールのダウンロード

Windows 11をダウンロードする」にアクセスし、画面を下へスクロールします。

Windows 11のインストールメディアの作成です。「今すぐダウンロード」をクリックします。

メディア作成ツールのダウンロード

「MediaCreationToolW11」を実行します。

ユーザーアカウント制御

ユーザーアカウント制御です。「はい」をクリックします。

適用される通知とライセンス条項

適用される通知とライセンス条項です。「同意する」をクリックします。

言語とエディションの選択

言語とエディションの選択です。
①「このPCにおすすめのオプションを使う」にチェックを入れるか、チェックをはずし「言語」と「エディション」を選択します。
②「次へ」をクリックします。

使用するメディアの選択

使用するメディアの選択です。
①「USBフラッシュドライブ」を選択し
②「次へ」をクリックします。

USBフラッシュドライブの選択

USBフラッシュドライブの選択です。
①ドライブを選択し
②「次へ」をクリックします。

Windows 11のダウンロード

Windows 11のダウンロードがはじまります。

※ ダウンロードには時間がかかります。

Windows 11のメディア作成

ダウンロードが完了すると、Windows 11のメディア作成がはじまります。

USBフラッシュドライブの完成

USBフラッシュドライブの準備ができました。「完了」をクリックします。

Windows 11のクリーンインストール

作成したUSBインストールメディアを使って、Windows 11をクリーンインストールする方法はこちらをご覧ください。

②ISOファイルからUSBインストールメディアの作成

Rufusのダウンロード・起動

ここでは「Rufus」というアプリを使って、USBインストールメディアを作成する方法をみていきます。

手順
  1. パソコンにUSBメモリを接続します。
  2. Rufus」にアクセスし、画面の下の方にある「Rufus X.XX」をクリックします。
  3. ダウンロードした「rufus-X.XX」を起動します(ダブルクリック)。

USBメモリの確認

USBメモリが接続されていることを確認しましょう。

ISOファイルの選択

「選択」をクリックし

①Windows11のISOイメージファイルを選択し
②「開く」をクリックします。

USBインストールメディアの作成

①「デバイス」と「ブートの種類」を確認し
②「スタート」をクリックします。

デバイスのデータは消去されます。問題なければ、「OK」をクリックします。

すると、インストールメディアの作成(ISOファイルのコピー)がはじまります。

作成が完了すると
①「Secure Bootに関する重要なお知らせ」が表示されます。
②「閉じる」をクリックします。

UEFI:NTFSブートローダーを使用するメディアを作成しました。このメディアを起動するには、セキュアブートを無効にする必要があります。

①「準備完了」と表示されれば、USBインストールメディアの作成は完了です。
②「閉じる」をクリックします。

Windows 11のクリーンインストール

Windows 10のインストールメディア

関連記事