MENU

Windows10 – 古いバージョンのインストールメディアを作成(USBメモリ)

ここでは古いバージョンのWindows10のインストールメディア(USBメモリ)を作成する方法を紹介します。

目次

Windows10 – 最新版のインストールメディアの作成

古いバージョンのインストールメディアはMicrosoftのサイトからはダウンロードすることができません。

Windows10 – 古いバージョンのインストールメディアを作成

ということで、ここでは「Rufus」というアプリを使って古いバージョンのインストールメディアを作成する方法をみていきます。

最新版へのアップグレードやインストールでコンピューターに不具合が生じた場合に便利です。

パソコンにUSBメモリを接続


インストールメディアとして使用するUSBメモリをパソコンに接続・挿入しましょう。

USBメモリのデータは消去されます。必要であれば、バックアップを取っておきましょう。

Rufusのダウンロード

Rufus」にアクセスします。


Rufusです。画面を下へスクロールし


「ダウンロード」項目の「Rufus」をクリックします。

Rufusの起動


ダウンロードした「rufus」を起動します。


ユーザーアカウント制御です。「はい」をクリックしましょう。


Rufusの更新ポリシーです。「はい」をクリックします。


USBメモリが接続されていることを確認しましょう。


選択の右にある「▼」をクリックし


「ダウンロード」を選択し、それをクリックします。

ISOイメージのダウンロード


ISOイメージのダウンロードです。「続ける」をクリックします。

リリースの選択


「リリース」をクリックし


ダウンロードしたいバージョンの「リリース」を選択しましょう。


選択したら「続ける」をクリックします。

エディションの選択


「エディション」を選択し、「続ける」をクリックします。

言語の選択


「言語」を選択し、「続ける」をクリックします。

アーキテクチャの選択


「アーキテクチャ」を選択し


「ダウンロード」をクリックしましょう。

ISOファイルの保存


すると、「名前を付けて保存」というウィンドウが表示されるので、①ISOファイルの「保存場所」「ファイル名」を選択・入力し、②「保存」をクリックしましょう。


すると、ISOファイルのダウンロードがはじまります。

インストールメディアの作成


「準備完了」と表示されば、ダウンロードの完了です。「スタート」をクリックし、インストールメディアを作成しましょう。

デバイスのデータは消去されます。

問題なければ、「OK」をクリックします。


すると、インストールメディアの作成(ISOファイルのコピー)がはじまります。


コピーが完了すると、①「Secure Bootに関する重要なお知らせ」が表示されます。②「閉じる」をクリックします。


これでインストールメディアの作成は完了です。「閉じる」をクリックします。

作成したインストールメディアの使い方

Windows10の使い方や設定

関連記事

目次
閉じる