MENU
\ 楽天スーパーセール開催中! /

Windows 10からWindows 11へ手動でアップグレードする方法

ここではWindows 10からWindows 11へ手動でアップグレードする方法を紹介します。

Windows 11へ手動でアップグレード

Microsoftは2021年10月5日にWindows 10の後継にあたる最新OS「Windows 11」を正式リリースしました。Windows 11にアップデート可能な「Windows 10」をお使いの場合は、Windows Updateから順次Windows 11へのアップグレードが可能になるとのことです。

また、Windows 11をすぐに使ってみたいという方は、手動でWindows 11へ手動でアップグレードすることもできるので、ここではその方法をみていきます。

インストールアシスタントのダウンロード

Windows 11をダウンロードする」にアクセスし

Windows 11のインストールアシスタントの「今すぐダウンロード」をクリックします。

インストールアシスタントの実行

ダウンロードした「Windows11InstallationAssistant」を実行します。

ユーザーアカウント制御

ユーザーアカウント制御です。「はい」をクリックします。

デバイスの互換性をチェック

Windows 11 インストールアシスタントが実行すると、まずデバイスの互換性がチェックされます。

Windows 11 のインストール

互換性チェックが終了し、デバイスがWindows 11をインストールするための最小システム要件を満たしている場合、Windows 11のインストール画面が表示されます。
「同意してインストール」をクリックしましょう。

「このPCは、Windows 11をインストールするための最小システム要件を満たしていません」と表示された場合は、本記事の「アップグーレドできない場合の対象方法」をご覧ください。

ダウンロード

インストールがはじまると、まずWindows 11のダウンロードがはじまります。しばらく待ちましょう。

管理人の場合、ダウンロードに1時間程度かかりました。

ダウンロードの確認

ダウンロードが完了したら、確認作業が実行されます。

インストール中

ダウンロードの確認が終わると、Windows 11のインストールがはじまります。

この画面で100%が表示されてから 30分後にPCが再起動されるため、作業内容を頻繁に保存してください。

PCの再起動

Windows 11をインストールするためにPCを再起動しましょう。「今すぐ再起動」をクリックします。

すると、「サインアウトしようとしています」というポップアップが表示され

しばらくすると、PCの再起動されます。

PCが再起動したら、Windows 11にサインインしましょう。

これでWindows 11へのアップグレードは完了です。

Windows 10へ戻す

Windows 10からWindows 11へアップグレードしたみたけど、デバイスやアプリが動かない……そんな場合は、こちらの方法で Windows 11からWindows 10 へ戻しましょう。

アップグレードできない場合の対処方法

Windows 11へアップグーレドできない場合の対処方法をみていきます。

①非対応PCの場合

Windows 11に非対応PCでもアップグレードする方法をMicrosoftが公開したので、その方法をみていきます。

レジストリの修正

手順
  1. タスクバーの検索ボックスに「regedit」と入力し、「レジストリエディター」を起動しましょう。
  2. ユーザーアカウント制御が表示されるので、「はい」をクリックします。
  3. HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\Setup\MoSetup に移動します。
  4. 右側の何もないところで右クリックし、「新規」→「DWORD(32ビット)値」をクリックし
  5. 「AllowUpgradesWithUnsupportedTPMOrCPU」という名前で作成しましょう。
  6. 作成した「DWORD」をダブルクリックし、値「1」に変更し「OK」をクリックします。
  7. パソコンを再起動します。

ISOファイルのダウンロード

アップグレードには、Windows 11のISOファイルが必要です。次の手順でダウンロードしましょう。

手順
  1. Windows 11をダウンロードする」にアクセスします。
  2. 「Windows 11 ディスクイメージ(ISO)をダウンロードする」という項目の「ダウンロードの選択」をクリックし、「Windows 11」を選択。「ダウンロード」をクリックします。
  3. 言語を選択し、「確認」をクリックします。
  4. 「64-bit Donwload」をクリックしましょう。
  5. これでWindows 11のISOファイルのダウンロードがはじまります。

手順の詳細はこちらをご覧ください。

Windows 11へアップグレード

手順
  1. ダウンロードしたISOファイルをダブルクリックします(マウントします)。
  2. 「setup」をダブルクリックします。
  3. 「Windows 11のインストール」ウィンドウが表示されるので、指示に従いアップグレードしましょう。

②「メモリ整合性保護を無効にしてください」と表示された場合

アップグレードしている途中で「メモリ整合性保護を無効にしてください」と表示された場合は次の方法で対処しましょう。

Windows 11関連の記事

Windows11関連の記事です。合わせてご覧ください。

関連記事