MENU

Windows11 ファイル履歴でバックアップする方法

Windows 11で、ファイル履歴を使用してバックアップする方法を紹介します。

Windowsには、ファイル履歴を保存する機能があります。用意した別のドライブにファイルのコピーを保存し(バックアップ)、ファイルを紛失または破損した場合に復元することができます。

便利な機能なので、設定しておきましょう。

デフォルトでは、「ドキュメント」「ピクチャ」「ビデオ」「ミュージック」……といったユーザーがよく使うフォルダーのファイル履歴が保存されます(バックアップされます)。バックアップ対象のフォルダーは追加・削除できるので、その方法も合わせて紹介します。

この機能を使用するには、システムドライブ(Cドライブ)とは別のドライブ(例えば、Dドライブ)が必要になります。外付けHDD/SSDでも、OKです。

ファイルの履歴を保存

それでは実際に設定してみましょう。

①スタートメニューに「control」と入力し
②コントロールパネルの「開く」をクリックします。

コントロールパネル

コントロールパネルです。
「ファイル履歴でファイルのバックアップコピーを保存」をクリックします。

ファイルの履歴を保存する

ファイル履歴です。
ドライブを検索しています……

※ システムドライブ(Cドライブ)とは別のドライブを探しています。ネットワークドライブでもOKです。

①「コピー元」と「コピー先」を確認し
②「オンにする」をクリックします。

コピー元コピー元
・ライブラリ
(ドキュメント、ピクチャ、ビデオ、ミュージック……など)
・デスクトップ
・連絡先
・お気に入り
・この例では「ボリューム(D:)」
Dドライブにファイル履歴が保存されます。

※ ファイル履歴を残すフォルダーは追加・削除することもできます。

①これでファイル履歴がオンになっています。
②ファイル履歴の初回のファイルコピーを保存しています。

これでファイル履歴が保存されるようになります。

ファイル履歴にフォルダーを追加

ファイル履歴にフォルダーを追加する方法をみていきます。フォルダーを追加することで、そのフォルダーのファイル履歴を保存するようになります(バックアップ)。

①「追加したいフォルダー」を右クリックし
②「その他のオプションを表示」を選択します。

「ライブラリに追加」からどれかを選択しましょう。

どれでもOKです。「新しいライブラリの作成」がわかりやすくて、いいかもしれませんね。

ファイル履歴からフォルダーを除外

ファイル履歴からフォルダーを除外する方法をみていきます。

左メニューの「除外するフォルダー」を選択します。

ファイル履歴から除外します。
「追加」をクリックします。

①除外するフォルダーを選択し
②「フォルダーの選択」をクリックします。

①選択したフォルダーが除外されました。
②「変更の保存」をクリックしましょう。

ファイル履歴の詳細設定

左メニューの「詳細設定」をクリックします。

ファイル履歴の詳細設定です。次の2つを選択・変更することができます。
①ファイルのコピーを保存する頻度
②保存されたバージョンを保持する期間

ファイル履歴の削除

③「古いバージョンのクリーンアップ」をクリックすると、古いバージョンのファイルとフォルダーを削除を削除することができます。

Windows11のバックアップに関する記事

Windows11のバックアップに関する記事です。あわせてご覧ください。