MENU

Windows 11/10 復元ポイントを作成・削除する方法

Windows 11/10 で、復元ポイントを作成・削除する方法を紹介します。

システムの復元ポイントを作成しておくと、コンピューターを以前の状態に戻すことができます。

システムに大きな変更を加える前はシステムの復元ポイントを作成しておきましょう。また、万一の場合に備えて定期的に復元ポイントを作成しておくといいかもしれません。

復元ポイントの作成

それではシステム保護を有効にし、復元ポイントを作成しましょう。

①[復元ポイント]を検索し
②[復元ポイントの作成]をクリックしましょう。

システムのプロパティ

①[システムの保護]タブを選択
②ドライブの保護が[有効]になっていることを確認し(無効の場合はこちらを参考に有効にしましょう)
③[作成]をクリックします。

復元ポイントの作成

復元ポイントの作成です。
①復元ポイントの識別に役立つ説明を入力し(ここでは「○×のインストール前」)
②[作成]をクリックします。

復元ポイントを作成しています

すると、「復元ポイントの作成」がはじまります。

復元ポイントは正常に作成されました

しばらくすると復元ポイントの作成が完了します。
[閉じる]をクリックしましょう。

これで復元ポイントの作成完了です。

システムを復元する方法は?

すべての復元ポイントを削除

作成した復元ポイントをすべて削除する方法をみていきます。

システムのプロパティの[システムの保護]タブを選択
[構成]をクリックします。

システム保護対象(削除)

[削除]をクリックし、すべての復元ポイントを削除しましょう。

ドライブ上の復元ポイントを削除

[続行]をクリックします。

このドライブで、システムに加えた不要な変更を元に戻すことはできなくなります。続行しますか?

復元ポイントは削除されました

復元ポイントが削除されました。
[閉じる]をクリックします。

これで復元ポイントが削除できました。

システムの保護を有効にする

システムの保護を有効にしましょう。

①[利用できるドライブ]を選択し
②[構成]をクリックします。

システム保護対象(システムの保護を有効に)

①「システムの保護を有効にする」を選択し
②「OK」をクリックします。

システムの保護を有効にすると、コンピューターを前回の状態に戻して、システムに加えた不要な変更を元に戻すことができます。

システムの保護が有効になりました

これでドライブの保護が「有効」になりました。

これで復元ポイントが作成できるようになりました。「復元ポイントを作成」しましょう。

Windows 11/10の使い方

Windows 11/10の使い方や設定はこちらをご覧ください。