MENU

BitLockerドライブの暗号化を有効/無効にする方法 – Windows 11/10

Windows11/10のドライブ(ディスク)を暗号化する方法を紹介します。

BitLocker を使えば、ドライブ(ディスク)を暗号化することができます。

ディスクを暗号化すると、ファイルやフォルダーへの承認されないアクセスの防止に役立ち、情報の漏洩を防ぐことができるので、セキュリティを強化することができます。

ここではBitLockerを使って、ドライブの暗号化を有効/無効にする方法をみていきます。

BitLocker(ドライブの暗号化)を有効に

それでは実際にBitLockerを有効にしてみましょう。

①検索ボックスに「control」と入力し
②コントロールパネルを起動します。

Windows 11 コントロールパネルを起動する方法
Windows 10 コントロールパネルを起動する方法

コントロールパネル

コントロールパネルです。
「システムとセキュリティ」をクリックしましょう。

「BitLockerドライブ暗号化」をクリックします。

BitLockerドライブ暗号化

BitLockerドライブの暗号化です。
「BitLockerを有効にする」をクリックします。

回復キーのバックアップ

回復キーを使用すると、問題が発生した場合でもフォイル・フォルダーにアクセスできます。

①回復キーのバックアップ方法を指定しましょう。

  • Microsoft アカウントに保存する
  • ファイルに保存する
  • 回復キーを印刷する

②回復キーを保存したら「次へ」をクリックします。

※ ここでは「Microsoftアカウントに保存する」を選択しました。

ドライブの暗号化する範囲の選択

①ドライブを暗号化する範囲の選択です。

  • 使用済みの領域のみ暗号化する(新しい PC およびドライブの場合は高速で最適)
  • ドライブ全体を暗号化する(低速、すでに使用中の PC およびドライブ向け)

②どちらかを選択し、「次へ」をクリックします。

暗号化モードの選択

①使用する暗号化モードの選択です。

  • 新しい暗号化モード(このデバイスの固定ドライブに最適)
  • 互換モード(このデバイスから取り外すことができるドライブに最適)

②どちらかを選択し、「次へ」をクリックします。

ドライブを暗号化する準備はできましたか?

このドライブを暗号化する準備はできましたか?
①「BitLocker システムチェックを実行する」にチェックを入れ
②「続行」をクリックします。

BitLocker で回復キーと暗号化キーが正しく読み取れることを、ドライブの暗号化前にシステムチェックで確認します。

コンピューターの再起動

「今すぐ再起動する」をクリックし、コンピュータを再起動しましょう。

BitLockerドライブ暗号化の確認

BitLocker ドライブ暗号化を確認してみると「暗号化中」になっています。

しばらくすると……

このようにBitLockerが有効になります。

BitLocerを有効にできない場合

Windows 10 BitLockerを有効にできない場合の対処方法

BitLockerを無効に

BitLockerを無効にする方法をみていきます。

「コントロールパネル」を起動し、「システムとセキュリティ」→「BitLockerドライブ暗号化」に移動します。

BitLockerドライブ暗号化

BitLockerドライブ暗号化です。
「BitLockerを無効にする」をクリックします。

BitLockerを無効にする

「BitLockerを無効にする」をクリックします。

すると、BitLockerの暗号化が「解除中」になっています。

しばらくすると……BitLockerが無効になります。

BitLockerの使い方

BitLocker 回復キーの確認・表示(Microsoftアカウント) – Windows 11/10

ファイルにパスワードを設定

ファイルにパスワードを設定する方法も合わせてご覧ください。

Excel(エクセル)ファイルにパスワードを設定・解除する方法
Wordファイルにパスワードを設定・解除する方法
Wordでパスワード付きのPDFファイルを作成する方法
フリーソフト「セキュリティ・ウェアハウス-mini」のダウンロードと使い方

Windows11/10の使い方や設定

Windows 11の人気記事