今日の人気記事

  1. Windows10 起動時にアプリを自動起動 - スタートアップに登録
  2. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  3. Windows10 - iTunes のダウンロードとインストール
  4. Windows10 - ディスプレイの明るさを調節(変更)
  5. Windows10 の使い方と設定

Windows10 - ストレージ(ディスク)の暗号化 - BitLocker を有効に

スポンサーリンク

Windows10 のストレージ(ディスク)の暗号化する方法を紹介します。

BitLocker を使えば、ドライブ(ディスク)を暗号化することで、ファイル・フォルダーに承認されないアクセス防止に役立ちます(情報の漏洩を防ぐことができ、セキュリティを強化することができます)。

Windows10 - ストレージ(ディスク)の暗号化 - BitLocker を有効に

それでは実際に BitLocker を有効にしてみましょう。


タスクバーのフォームに

「cont」と入力し


コントロールパネルを起動します。


コントロールパネルです。

「システムとセキュリティ」をクリックしましょう。


「BitLocker の管理」をクリックします。


このように BitLocker は無効なので


「BitLocker を有効にする」をクリックしましょう。


すると、PC の構成の確認がはじまります(これにはしばらく時間がかかります)。


回復キーのバックアップ方法の選択です。

回復キーを使用すると、問題が発生した場合でもフォイル・フォルダーにアクセスできます。

  • Microsoft アカウントに保存する
  • ファイルに保存する
  • 回復キーを印刷する

複数の回復キーを保存・印刷しておきましょう。


ここでは「Microsoft アカウントに保存する」を選択しました。

スポンサーリンク


「次へ」をクリックします。


ドライブを暗号化する範囲の選択です。

  • 使用済みの領域のみ暗号化する(新しい PC およびドライブの場合は高速で最適)
  • ドライブ全体を暗号化する(低速、すでに使用中の PC およびドライブ向け)

どちらかを選択し、「次へ」をクリックします。


使用する暗号化モードの選択です。

  • 新しい暗号化モード(このデバイスの固定ドライブに最適)
  • 互換モード(このデバイスから取り外すことができるドライブに最適)

どちらかを選択し、「次へ」をクリックします。

  • BitLocker システムチェックを実行する
    BitLocker で回復キーと暗号化キーが正しく読み取れることを、ドライブの暗号化前にシステムチェックで確認します。

にチェックを入れ


「続行」をクリックします。


「今すぐ再起動する」をクリックすると


このように PC が再起動します。


BitLocker ドライブ暗号化を確認してみると

「暗号化中」になっています。

しばらくすると……


このように BitLocker が有効になります。

関連記事(一部広告含む)