Windows10 - BitLockerを有効にできない - 回復パスワードの入力をサポートしていません

Last Update:

ここではWindows10のBitLockerが有効にできない場合の対処方法を紹介します。

BitLocerを有効にできない

ストレージを暗号化(BitLockerを有効に)しようとすると

このコンピューターは、起動時のBitLocker回復パスワードの入力をサポートしていません。

と表示され、BitLockerを有効にできない! ここではそんな場合の対処方法をみていきます。

グループポリシーエディターの編集

上記のようにBitLockerが有効にできない場合! グループポリシーエディターの編集が必要になります。それでは実際に編集してみましょう。

検索ボックス


タスクバーのフォーム(検索ボックス)に

グループポリシーエディター(gpedit)の起動


①「gpedit」と入力し、②「グループポリシーの編集」をクリックします。

グループポリシーエディター


グループポリシーエディターです。


左メニューの①「コンピューターの構成」→「管理者用テンプレート」→「Windowsコンポーネント」→「BitLocker暗号化」→「オペレーティングシステムのドライブ」にアクセスし

②「スレートでプリキーボード入力が必要なBitLocker認証を使用する」をクリックしましょう。

プリキーボード入力が必要なBitLocker認証


①「有効」を選択し、②「OK」をクリックしましょう。

これでOKです。

BitLocerを有効に


①検索ボックスに「cont」と入力し、②「コントロールパネル」をクリックしましょう。

コントロールパネル→システムとセキュリティ


コントロールパネルです。「システムとセキュリティ」をクリックします。

BitLockerドライブ暗号化


「BitLockerドライブ暗号化」をクリックします。

BitLockerを有効にする


「BitLockerを有効にする」をクリックし


①回復キーのバックアップ方法を選択し、②「次へ」をクリックします。


「BitLockerのアクティブ化」をクリックすると


このようにBitLockerが有効になります。

Windows10の使い方や設定

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ

セキュリティ関連の人気記事

  1. Windows10 のファイアウォールを無効/有効にする方法
  2. Windows10 - Windows Update 更新プログラムのチェック(手動)
  3. Windows10 - Windows セキュリティ で ウイルススキャン
  4. Windows10 - ファイアウォール - 特定のポート番号の通信を許可
  5. Windows10 - Windows Update 更新プログラムのアンインストール(削除)
  6. Windows10 - Windows セキュリティの使い方まとめ
  7. Windows10 - セキュリティの状況を確認
  8. Windows10 - Windows セキュリティ 通知の設定(オン/オフ)
  9. Windows10 - Windows セキュリティの起動と概要
  10. Windows10 - Windows セキュリティ - ランサムウェアの防止(フォルダーの保護)
  11. Windows10 - Windows セキュリティ - ウイルスと脅威の防止の設定
  12. Windows10 - アプリにファイアウォール経由の通信を許可/不許可
  13. Windows10 - Windows Update 更新プログラムの表示(確認)
  14. Windows10 - Microsoftアカウントの本人確認
  15. Windows10 - マカフィーリブセーフのアンインストール(削除)

関連記事(一部広告含む)