MENU

Windows 10 のファイアウォールを既定に戻す(復元・リセット)

Windows 10 のファイアウォールを既定(デフォルト)に戻す方法を紹介します。

ファイアウォールを既定(デフォルト)に戻す

Windows10で、ファイアウォールの設定を既定に戻す方法をみていきます。

既定の設定に復元すると、Windows Defender ファイアウォールに対して行った設定がすべて削除されます。これにより、アプリいくつかが機能しなくなる場合があるので、注意が必要です。

例えば、有効にしていたリモートデスクトップの設定は無効になります。

検索ボックス

タスクバーのフォーム(検索ボックス)に

コントロールパネルの起動

①「cont」と入力し、②「コントロールパネル」を起動しましょう。

コントロールパネル

コントロールパネルです。「システムとセキュリティ」をクリックします。

「Windows Defender ファイアウォール」をクリックします。

ファイアウォールの設定

ファイアウォールの設定です。左メニューの「既定値に戻す」をクリックします。

既定の設定の復元

既定の設定の復元です。「既定値に戻す」をクリックしましょう。

すると、「既定値に戻す – 確認」ウィンドウが表示されるので、「はい」をクリックしましょう。

既定の設定を復元すると、Windowsのインストール以後、Windows Defender ファイアウォールに対して行った設定がすべて削除されます。これにより、アプリいくつかが機能しなくなる場合もあります。

これでファイアウォールの設定が既定(デフォルト)に戻ります。

ファイアウォール関連の記事

Windows 10 の使い方や設定

関連記事