Windows10 - ファイアウォール - 特定のポート番号の通信を許可

スポンサーリンク

Windows10 のファイアウォール経由で、特定のポート番号を開放し、通信を許可する方法を紹介します。

ファイアウォールを設定すれば、「80」や「443」……といった特定のポート番号の接続を許可することができるので、ここではその方法をみていきます。

ファイアウォール - 特定のポート番号の通信を許可

それでは設定方法をみていきます。

タスクバーからコントロールパネルを起動


タスクバーの「フォーム」に


コントロールパネル」と入力し


コントロールパネルを起動しましょう。

コントロールパネル


コントロールパネルです。「システムとセキュリティ」をクリックします。


「Windows Defender ファイアウォール」をクリックします。

左カラムの「詳細設定」をクリックします。

Windows Defender ファイアウォール


すると、「セキュリティが強化された Windows ファイアウォール」というウィンドウが表示されるので、左カラムの「受信の規制(あるいは送信の規制)」をクリックします。

スポンサーリンク

受信と送信のポート解放は別々に行うことができます。


受信の規制です。右カラムの「新しい規制」をクリックしましょう。

ファイアーウォールの規則


すると、「新規の受信の規制ウィザード」が起動するので「ポート」を選択し、「次へ」をクリックします。


次の設定を行い、「次へ」をクリックします。

規制を適用する TCP/UDP のどちらかを選択します。

  • TCP
  • UDP

どちらかを選択し、特定のポートの場合は規制を適用するポート番号を入力します。

  • すべてのローカルポート
  • 特定のローカルポート


条件を指定し、「次へ」をクリックします。

  • 接続を許可する
  • セキュリティで保護されている場合のみ接続を許可する
  • 接続をブロックする


いつ適用するかを選択し、「次へ」をクリックします。

  • ドメイン
  • プライベート
  • パブリック


規制の「名前」「オプション」を入力し、「完了」をクリックします。

関連記事(一部広告含む)