Windows10 - Windows セキュリティ - ランサムウェアの防止(フォルダーの保護)

Windows10 のセキュリティーアプリ「Windows Defender」のランサムウェア防止について紹介します。

Windows Defernder には、ランサムウエアなどの脅威からファイルを保護し、攻撃を受けた場合にファイルを復元する機能があるので、それら機能の設定をみていきます。

Windows セキュリティ - ランサムウェアの防止

それでは実際に設定してみましょう。


スタートメニューから「Windows セキュリティ」を起動します。


「Windows セキュリティ」です。

「ウイルスと脅威の防止」をクリックしましょう。


画面を下へスクロールし


「ランサムウエア防止の管理」をクリックします。


ランサムウエアの防止です。

ランサムウエアなどの脅威からファイルを保護し、攻撃を受けた場合にファイルを復元する方法を確認してください。


コントロールされたフォルダーアクセスです。

悪意のあるアプリケーションによって、デバイス上のファイル、フォルダー、メモリ領域に承認されていない変更が加えられないように保護します。

「オン」にしてみましょう。


すると、ユーザーアカウント制御が表示されるので、「はい」をクリックしましょう。


「保護されているフォルダー」をクリックすると次の設定ができます。

既定では Windows システム フォルダーが保護されています。その他に保護するフォルダーを追加することもできます。


「アプリをコントロールされたフォルダーアクセスで許可する」をクリックすると次の設定ができます。

信頼するアプリがコントロールされたフォルダーアクセスによってブロックされている場合は、許可するアプリとしてそのアプリを追加できます。


ランサムウェアデータの回復です。

ランサムウェア攻撃受けた場合、これらのアカウントのファイルを回復できる可能性があります。

セキュリティ関連の人気記事

  1. Windows10 のファイアウォールを無効/有効にする方法
  2. Windows10 - ファイアウォール - 特定のポート番号の通信を許可
  3. Windows10 - Windows セキュリティ で ウイルススキャン
  4. Windows10 - Windows Update 更新プログラムのチェック(手動)
  5. Windows10 - マカフィーリブセーフのアンインストール(削除)
  6. Windows10 - Windows セキュリティ 通知の設定(オン/オフ)
  7. Windows10 - Windows Update 更新プログラムのアンインストール(削除)
  8. Windows10 - Microsoftアカウントの本人確認
  9. Windows10 - セキュリティの状況を確認
  10. Windows10 - Windows セキュリティ - ウイルスと脅威の防止の設定
  11. Windows10 - アプリにファイアウォール経由の通信を許可/不許可
  12. Windows10 - Windows Update 更新プログラムの表示(確認)
  13. Windows10 - 更新プログラムの履歴を表示(Windows Update)
  14. Windows10 - Windows セキュリティの起動と概要
  15. Windows10 - Windows セキュリティの使い方まとめ

関連記事(一部広告含む)