Windows10 - Windows セキュリティ - ウイルスと脅威の防止の設定

Last Update:

Windows10 の Windows セキュリティ で、ウイルスと脅威を防止するための設定を紹介します。

Windows セキュリティとは、Windows10 に標準搭載されているセキュリティ対策ソフトのことで、マルウェア(悪意あるソフトウェア)を検出・削除する機能を持っています。

Windows セキュリティ - ウイルスと脅威の防止の設定

それでは設定方法をみていきます。


スタートメニューから「Windows セキュリティ」を起動しましょう。


Windows セキュリティです。

「ウイルスと脅威の防止」をクリックしましょう。


ウイルスと脅威の防止です。

「設定の管理」をクリックします。


ウイルスと脅威の防止の設定です。

ウイルス対策のウイルスと脅威の防止の設定を表示し、更新します。


次の項目を設定することができます。

  • リアルタイム保護
    マルウェアを特定し、デバイスでインストールまたは実行されないようします。自動的にオンに戻る前に、この設定をしばらくの間オフにできます。
  • クラウド提供の保護
    クラウドの最新保護データにアクセスして、より強固で迅速な保護を実現します。自動的にサンプル送信をオンにしている場合、特に効果的です。
  • サンプルの自動送信
    潜在的な脅威から自分と他のユーザーを保護するために、Microsoft にサンプルファイルを送信します。必要なファイルに個人情報が含まれている可能性がアルバイは、メッセージが表示されます。
この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ

セキュリティ関連の人気記事

  1. Windows10 - Windows Update 更新プログラムのチェック(手動)
  2. Windows10 のファイアウォールを無効/有効にする方法
  3. Windows10 - Windows セキュリティ で ウイルススキャン
  4. Windows10 - Windows Update 更新プログラムのアンインストール(削除)
  5. Windows10 - ファイアウォール - 特定のポート番号の通信を許可
  6. Windows10 - セキュリティの状況を確認
  7. Windows10 - Windows セキュリティの起動と概要
  8. Windows10 - Windows セキュリティの使い方まとめ
  9. Windows10 - Microsoftアカウントの本人確認
  10. Windows10 - Windows セキュリティ 通知の設定(オン/オフ)
  11. Windows10 - Windows セキュリティ - ウイルスと脅威の防止の設定
  12. Windows10 - マカフィーリブセーフのアンインストール(削除)
  13. Windows10 - Windows Update 更新プログラムの表示(確認)
  14. Windows10 - アプリにファイアウォール経由の通信を許可/不許可
  15. Windows10 - Windows セキュリティ - ランサムウェアの防止(フォルダーの保護)

関連記事(一部広告含む)