Windows10 - Windows セキュリティ SmartScreen - アプリとファイルの確認

Windows10 のセキュリティーアプリ「Windows Defender」のアプリとファイルの確認について紹介します。

Windows Defender SmartScreen は


認識されない(実行すると PC に問題が起こる可能性のある)アプリの起動を停止し、警告を表示してくれます。

ここでは Windows Defender SmartScreen の設定をみていきます。これを設定することで、認識されないアプリとファイルを確認した場合に「ブロック」「警告」……どういった操作を行うかを設定することができます。

Windows10 - Windows によって PC が保護されました

それでは実際に設定してみましょう。


スタートメニューから「Windows セキュリティ」を起動します。


「Windows セキュリティ」です。

「アプリとブラウザーコントロール」を選択しましょう。


アプリとブラウザーコントロールです。

アプリとファイルの確認を設定しましょう。

Windows Defernder SmartScreen は Web サイトからの認識されないアプリとファイルを確認して、デバイスを保護します。


デフォルトではこの記事の冒頭で紹介してように「警告」になっているので

  • ブロック
  • 警告
  • オフ

変更してみましょう。


すると、ユーザーアカウント制御が表示されるので

「はい」をクリックします。


これで設定完了です。

関連記事(一部広告含む)