今日の人気記事

  1. Windows10 起動時にアプリを自動起動 - スタートアップに登録
  2. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  3. Windows10 - iTunes のダウンロードとインストール
  4. Windows10 - 32ビット版か64ビット版かを確認
  5. Windows10 - PCを初期状態に戻す(初期化) - すべてのファイルを削除

Windows10 - Windows セキュリティ で ウイルススキャン

スポンサーリンク

Windows10 の Windows セキュリティ で、ウイルススキャンを行う方法を紹介します。

ここでは Windows10 に標準搭載されているセキュリティ対策ソフト「Windowsセキュリティ」を使って、ウイルス・スパイウェア・マルウェア……などの悪意あるソフトウェアをスキャンする方法を紹介します。

Windows セキュリティ で ウイルススキャン

それでは実際にコンピューターをスキャンしてみましょう。


スタートメニューから「Windows セキュリティ」を起動しましょう。


Windows セキュリティです。

「ウイルスと脅威の防止」をクリックします。


ウイルスと脅威の防止です。

まずは「クイックスキャン」をクリックしてみましょう。


すると、このようにクイックスキャンがはじまります。

クイックスキャンはシステム内で脅威が検出されることが多いフォルダーのみをチェックするスキャンです。


スキャンが終わると「通知」してくれます。


また、スキャンの詳細が表示されます。

  • スキャンした日時
  • 脅威の有無
  • スキャンにかかった時間
  • スキャンしたファイル数

スキャンのオプション


「スキャンのオプション」をクリックしてみましょう。

スポンサーリンク


スキャンオプションです。

クイック、フル、カスタム、または Windows Defender オフライン スキャンを実行します。


画面を下へスクロールしましょう。


先程、実行したクイックスキャンの他のさまざまなスキャンを選択・実行することができます。

  • クイック スキャン
    システム内で脅威が検出されることが多いフォルダーをチェックします。
  • フル スキャン
    ハードディスク上のすべてのファイルと実行中のプログラムをチェックします。
  • カスタム スキャン
    チェックするファイルと場所を選ぶことができます。
  • Windows Defender オフライン スキャン
    悪意のあるソフトウェアの一部は、デバイスからの削除が非常に難しい場合があります。Windows Defender オフラインを使用すると、最新の脅威の定義を使用して、このようなソフトウェアを検出して削除できます。デバイスは再起動され、この処理には約15分かかります。

実行したいオプションを選択し、「今すぐスキャン」をクリックすれば、さまざまなウイルススキャンを実行することができます。


「脅威履歴」をクリックすると


検出された脅威とスキャンの詳細が表示されます。

関連記事(一部広告含む)