Windows10 - アプリにファイアウォール経由の通信を許可/不許可

Last Update:

Windows10 のアプリにファイアウォール経由の通信を許可/不許可にする方法を紹介します。

Windows10 では、アプリケーショーンが「プライベート」あるいは「パブリック」ネットワークを使って、ファイアウォール経由で通信できるかどうかを制御することができます。

頻繁に行う設定ではありませんが、知っておくと便利なので設定方法を確認しておきましょう。

ファイアウォール経由の通信を許可/不許可

それでは設定方法をみていきましょう。


タスクバーの検索ボックスに

cont」と入力し


「コントロールパネル」を起動しましょう。


コントロールパネルです。

「システムとセキュリティ」をクリックします。


「Windows ファイアウォール」項目の「Windows ファイアウォールによるアプリケーションの許可」をクリックします。


すると、なんだかよくわからない Microsoft のアプリが表示されるので、下へスクロールしましょう。


すると、このように見慣れたアプリが表示されるので

「設定の変更」をクリックします。


すると、グレーアウトされていたアプリがくっきりと表示されます(この状態になれば設定可能です)。

ファイアウォール経由の通信は「プライベート」「パブリック」のどちらか、あるいは両方の許可することができます。


このように設定を変更したら、「OK」をクリックしましょう。

これで設定完了です。

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ

セキュリティ関連の人気記事

  1. Windows10 - Windows Update 更新プログラムのチェック(手動)
  2. Windows10 のファイアウォールを無効/有効にする方法
  3. Windows10 - Windows セキュリティ で ウイルススキャン
  4. Windows10 - Windows Update 更新プログラムのアンインストール(削除)
  5. Windows10 - ファイアウォール - 特定のポート番号の通信を許可
  6. Windows10 - セキュリティの状況を確認
  7. Windows10 - Windows セキュリティの起動と概要
  8. Windows10 - Windows セキュリティの使い方まとめ
  9. Windows10 - Microsoftアカウントの本人確認
  10. Windows10 - Windows セキュリティ 通知の設定(オン/オフ)
  11. Windows10 - Windows セキュリティ - ウイルスと脅威の防止の設定
  12. Windows10 - マカフィーリブセーフのアンインストール(削除)
  13. Windows10 - Windows Update 更新プログラムの表示(確認)
  14. Windows10 - アプリにファイアウォール経由の通信を許可/不許可
  15. Windows10 - Windows セキュリティ - ランサムウェアの防止(フォルダーの保護)

関連記事(一部広告含む)