MENU

Excelファイルにパスワードを設定・解除する方法

Excelファイルにパスワードを設定する方法とパスワードを解除する方法を紹介します。また、パスワードを設定したExcelファイルを開く方法も合わせてみていきます。

Excelファイルにパスワードを設定


Excelファイルにはパスワードを設定し、保護することができます。

不特定多数の人にExcelファイルを見られたくない! そんな場合はファイルにパスワードを設定し、セキュリティを確保しましょう。パスワードには「読み取りパスワード」「書き込みパスワード」を設定することができるので、用途に応じて使い分けましょう。

それでは実際にExcelファイルにパスワードを設定してみましょう。


上部メニューバーの「ファイル」をクリックし


①「名前を付けて保存」→②「このPC」→③「その他のオプション」をクリックします。


「名前を付けて保存」が表示されるので、「ツール」を選択し


「全般オプション」をクリックします。

全般オプション – パスワードの設定


全般オプションです。設定したい「読み取りパスワード」「書き込みパスワード」を入力し、「OK」をクリックします。

入力するパスワードはどちらか一方でもOKです。例えば、「読み取りパスワード」のみでもOK!

読み取りパスワードの確認


読み取りパスワードの確認です。もう一度、入力し「OK」をクリックします。

書き込みパスワードの確認


書き込みパスワードの確認です。もう一度、入力し「OK」をクリックします。


①「ファイル名」を入力し、②「保存」をクリックします。

これでExcelファイルにパスワードが設定できました。

パスワードを設定したExcelファイルを開く

次はパスワードを設定したExcelファイルを開く方法をみていきます。


パスワードを設定したExcelファイルを普通に開きましょう(ダブルクリック)。

読み取りパスワードの入力


ファイルを開くと「○×は保護されています」と表示されるので、「読み取りパスワード」を入力し、「OK」をクリックしましょう。

書き込みパスワードの入力


「書き込みパスワード」を入力し、「OK」をクリックします。

上書き保存するためにはパスワードが必要です。または読み取り専用で開いてください。


これでパスワードを設定したExcelファイルを開くことができます。

Excelファイルのパスワード設定を解除

最後にExcelファイルのパスワード設定を解除する方法をみていきます。


上部メニューバーの「ファイル」をクリックし


①「名前を付けて保存」→②「このPC」→③「その他のオプション」をクリックします。

名前を付けて保存


「名前を付けて保存」が表示されるので、「ツール」を選択し


「全般オプション」をクリックします。

全般オプション – パスワードの解除


設定したパスワードが「***」で表示されているので


それを削除し、「OK」をクリックしましょう。


あとは①ファイル名を入力、②「保存」をクリックしましょう。

これでExcelファイルのパスワード設定を解除することができました。

ファイルにパスワードを設定

Wordやその他のファイルにパスワードを設定することもできます。ご参考にどうぞ。

USBメモリにパスワードを設定

USBメモリにパスワードを設定することもできるので、合わせてご覧ください。

Microsoft 365の使い方

関連記事