MENU

Windows 10|グループポリシーをリセット(初期化)する方法

ここではWindows10で設定したグループポリシーをリセット(初期化)する方法を紹介します。

グループポリシーのリセット

グループポリシーとは、「ユーザーのスタートアップスクリプト」や「パスワードの長さ制限」「リモートデスクトップ接続での挙動」……といった設定(ポリシー)をお使いのコンピューターに適用するツールです。

例えば、次のようなトラブルをポリシー変更で、対処することもできます。

グループポリシーをいろいろと設定してみたが、どれを設定したのか?忘れちゃった……初期化したい! そんな方に向けて、ここではグループポリシーをリセット(初期化)する方法をみていきます。

グループポリシーエディターでリセット

それでは実際にリセットしてみましょう。

グループポリシーエディター(gpedit)の起動

①タスクバーのフォーム(検索ボックス)に「gpedit」と入力し
②「グループポリシーの編集」を起動します。

グループポリシーエディター

ローカルグループポリシーエディターです。
①「コンピューターの構成」
②「ユーザーの構成」をひとつずつリセットしていきます。

コンピューターの構成

まずは「コンピューターの構成」をリセットします。
①「管理用テンプレート」の
②「すべての設定」を選択します。

①「状態」を選択・ソートし
②「有効」「無効」になっている設定をダブルクリックしましょう。

①「未構成」を選択し
②「適用」をクリックします。

このように「有効」あるいは「無効」になっている設定を「未構成」に変更すれば、リセット完了です。

ユーザーの構成

次は「ユーザーの構成」をリセットします。
①「管理用テンプレート」の
②「すべての設定」を選択します。

①「状態」を選択・ソートし
②「有効」「無効」になっている設定を「未構成」に変更しましょう。これでリセット完了です。

コマンドプロンプトでリセット

次はコマンドプロンプトでリセットする方法をみていきます。

手順
  1. タスクバーの検索ボックスに「cmd」と入力し
  2. 表示された「コマンドプロンプト」を右クリックし、「管理者として実行」をクリックします。
  3. コマンドプロンプトで、下記のRDコマンドを実行しましょう。
  4. これでグループポリシーがリセットされます。
  5. コンピューターを再起動すれば、リセットしたグループポリシーが反映されます。
RD /S /Q “%WinDir%\System32\GroupPolicyUsers” && RD /S /Q “%WinDir%\System32\GroupPolicy”

Windows10の使い方

Windows10 の使い方や設定はこちらをご覧ください。

関連記事