MENU

Microsoft Officeをアンインストール(削除)する方法

Microsoft Officeをアンインストールする方法を紹介します。

Microsoft 365(Office)

※ ここではMicrosoft 365を例にOfficeのアンインストール方法をみていきます。また、アンインストールできない場合の対処方法も合わせて紹介してます。

Microsoft 365は同時に使用できるデバイス(Windows、macOS、iOS、Android)が最大5台までに限られています。そのため、不要になったデバイスからは「Microsoft 365」はアンインストール(削除)しておくといいでしょう。

Microsoft Officeのアンインストール

それでは実際に削除してみましょう。


スタートメニューの Officeアプリ(ここでは「Excel」)を右クリックします。


すると、ポップアップ・メニューが表示されるので、「アンインストール」をクリックします。

コントロールパネル


すると、このように「コントロールパネル」が起動するので、「Microsoft Office 365」を選択し

Officeのアンインストール


「アンインストール」をクリックします。

ユーザーアカウント制御


すると、ユーザーアカウント制御が表示されるので、「はい」をクリックしましょう。

アンインストール


「アンインストール」をクリックします。

アンインストールしてもよろしいですか?
指定されたプログラムとファイルをコンピューターから削除します。


すると、アンインストールがはじまります(Officeをコンピューターから削除します)。

しばらくすると……

「閉じる」をクリックします。

アンインストールが完了しました。
コンピューターから正常に Office を削除しました。
後でかまいませんが、残っているいくつかのファイルを整理できるよう、できるだけ早くコンピューターを再起動することをお勧めします。

これで Microsoft Office 365 の削除は完了です。


残っているファイルを整理するためにコンピューターを再起動しましょう。

アンインストールできない場合の対処方法

アンインストールできない場合は「Microsoftサポート/回復アシスタント」を使って、アンインストールしてみましょう。

次の手順でアンインストールします。

手順
  1. 「Microsoftサポート/回復アシスタント」をインストールします。
  2. 「Microsoftサポート/回復アシスタント」を起動し
  3. 「Office」を選択し、「次へ」をクリックします。
  4. 「Officeがアンインストールできません」を選択し、「次へ」をクリックします。
  5. これは問題が影響しているコンピューターですか?と質問されるので「はい」をクリックし、「次へ」をクリックします。
  6. Office製品が見つかったら「Office」を選択し、「次へ」をクリックします。
  7. 「作業内容をすべて保存し・・・」にチェックを入れ、「次へ」をクリックします。
  8. Officeのアンインストールです。「再起動」をクリックします。
  9. ユーザーアカウント制御が表示されるので、「はい」をクリックすると
  10. アンインストールがはじまります(この処理には数分かかります)。
  11. 「再起動」をクリックします。
  12. これでアンインストールは完了です。
  13. 再起動後、「Officeを再インストールしますか?」というウィンドウが表示されるので、必要であれば「はい」を、不要であれば「いいえ」をクリックしましょう。

Microsoft 365の使い方

Windows10の使い方と設定

関連記事